お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

宇多丸も知らない、謎の音楽ジャンル「Lo-fi Hip Hop」がどうやら流行っているらしい

アフター6ジャンクション

様々な文化の研究・発信・そしてさらにその先を目指す「ビヨンド・ザ・カルチャー」。3/21は…「謎が謎呼ぶ、新たなるヒップホップ……なのか?“Lo-fi Hip Hop”って一体なーに?特集」

昨年2018年、ストリーミング・サービス「Spotify」で、「急成長したジャンル第2位」に選ばれたほど、勢いのある、未知のジャンル。それが、「Lo-fi Hip Hop」。
ヒップホップが本業の宇多丸さんさえよく知らないという、この「Lo-fi Hip Hop」について、DJのベーパナさんに詳しく解説して頂きます。

▼ベーパナさんは、コンポーザー、スティール・ギター・プレイヤー、DJとして活動。
▼2015年11月に発売したデビュー・アルバム『Lost in Pacific』は、英国ウェブメディア『FACT』にて、「ライターが選ぶ2016年ベスト盤」に選出されました。
▼また、ミュージシャンのやけのはらさんと「MP2」名義でも活動なさっています。
▼今年1月、自身のブログ「beipana」で公開した「Lo-fi Hip Hopはどうやって拡大したか」という記事が大きな反響を呼び、今回の特集へとお招きすることになりました。今、日本で最もLo-fi Hip Hopに詳しい方と言っても過言ではありません。

「Lo-fi Hip Hop」はインターネットで生まれ、ネットの中に存在しているものとのこと。
特にYouTubeのライブストリーミング・チャンネルがメインで、曲というより、BGMとして使われることが主流。

メインのユーザー(リスナー)層は、ティーンや二十歳前後の若者で、眠れない若い子たちが他愛もない話や個人的な悩みなどを相談しあっているそうです。
また、Lo-fi Hip Hopの誕生には、日本のあるアニメが深く関わっているんだとか。ウィルスミスがインスタグラムで使用するほど、世間一般的にも浸透しつつある「Lo-fi Hip Hop」は、今後どのような展開が臨めるか、詳しく伺いました。

TBSラジオ『アフター6ジャンクション』は月~金18:00~21:00生放送。
FM90.5MHz、AM954kHz、PCやスマホならradikoでも。
聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。
■番組メールアドレス:utamaru@tbs.co.jp
■番組公式twitter: @after6junction
■Instagram:after6junction
■参考:前身番組「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(タマフル)」HP