お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「五・一六通知から50年〜『文化大革命』とは一体何だったのか?」久保亨、福岡愛子ほか▼5月16日(月)(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」平日22時〜)

荻上チキ・Session-22

2500_1100_SS22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

Main Session 

「五・一六通知からきょうで50年。文化大革命とは何だったのか」

【スタジオゲスト】
中国近現代史に詳しい、信州大学人文学部教授の久保亨さん
久保亨

【電話ゲスト】
現地の様子を取材した毎日新聞・中国総局の河津啓介・記者
当時の日本について詳しい社会学者の福岡愛子さん

50年前の1966年5月16日、中国共産党が「反革命分子との生きるか死ぬかの闘い」を呼びかけた、「5・16通知」から始まり、1977年に終結が宣言されるまでの10年あまりにわたり、およそ1億人が迫害を受け、1,000万人が死亡したともされる「文化大革命」。その「文化大革命」とはなんだったのか。今、どうとらえるべきなのか、専門家ともに考えました。

 

社会主義への挑戦 1945-1971〈シリーズ 中国近現代史 4〉 (岩波新書)日本人の文革認識: 歴史的転換をめぐる「翻身」