お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

目の前にあるもので幸せ脳 ~アンミカさん

コシノジュンコ MASACA

2019年3月31日(日)放送
アンミカさん(part 2)
韓国生まれの大阪育ち。5人兄妹の次女として生まれます。18歳のときに雑誌『iD』に写真が掲載されたことで、1993年、20歳でパリコレに初参加。以後、モデルとしてはもちろん、テレビ・ラジオ出演、ジュエリー・ファッションデザイナー、化粧品プロデュース、エッセイ執筆や講演、シンガーなど、多方面で活動中。2009年より韓国名誉広報大使、2013年より初代大阪観光大使に就任しています。

出水:モデル業のほか、TV出演やデザイナー、化粧品のプロデュース、本の執筆など多方面で活躍していらっしゃいます。 最新著書の『アンミカ流ポジティブ脳の作り方』はどんなことに注意して執筆されたんですか?

アン:SNSを通じてファンの方と繋がっていると、よく相談を受ける機会があるんです。「私はネガティブで、もっと明るく物事を考えたい」とか「幸せになりたい」という方が多いんですけど。私が答えるときに、どうお伝えしたらいいだろう?と思って。自分に当てはめて考えてみたら、幸せって自分の心が決めることだと思うんです。とらえ方で一瞬一瞬の考え方は違うので。私も四畳半で7人で暮らしてても、TVで取り上げられるまで、自分がそこまで苦労している感覚がなかったんです。なんでかっていうと、親がものすごく明るかったんです。

JK:あら、そう!

アン:教会の活動で日本に来て、清貧が素晴らしい、という教えだったので、私たちまずしいけど、心は豊かだね、イェーイ!って歌を歌ってたり。あるものに目を向けて幸せになる才能がバツグンだったんです。私たち兄弟5人も、百人一首と広辞苑を渡されて、「これで遊んでて」って言われて、それで感じを覚えたり、日本語を覚えたり。だから楽しかったんです。年子でしたし。

JK:いいチームですよ!ご両親が大きな理解があったのね。

アン:私もそれこそ、韓国の国籍なので、小学校のときにいじめに遭ったりもしたんですけど、その時も泣いて帰ったら、親が起こらないんです。「あらまぁ、知らないのね、その子たち。韓国のごはんがおいしいとか、景色がきれいとか。教えてあげなきゃ!」とか言って、アルバム引っ張り出してきて。それでうちはラーメン屋だったんですけど、次の日全員ラーメン屋に呼びなさいって。その子たちをうちに呼んでラーメン食べさせてあげたんです。そしたら誰もいじめないでしょう?(笑)すっごいホノボノした親だったんですよ!

JK:へ~え! それは(笑)お母さまがポジティブ脳ね。それはすごい!環境と経験っていうのが生きてますね。

出水:本には77のキーワードが書かれていて、アンミカさんも提唱されていますけれど、毎日好きなところを開いて読めば、その日1日がハッピーになる文言が乗っているんですよね。

JK:出水さんも挑戦したんでしょ?

出水:私は「心配ではなく、心配りをしよう」っていうくだりでした(^^)それとこの本には「7つの光のキー」といって、どうしたら悩みが克服できるか、書き込むページがあるんですよね。願望から始まって、現状、目的、理由、喜び、準備、味方・ライバル、不安・戦略と書いていくんですが、双六のように勧めていくと解決できる、という。

JK:それで、結果はどうでした?

出水:私は「自分が何をやりたいんだろう」って一瞬悩んでいたんですけど、来年オリンピック、パラリンピックに関わる仕事をしたい、と思って、そこに携わるためには、というので書いてみました! すごく悩みが整理されて、じゃあ口に出していろんな人にアピールしよう、という答えにたどり着けたので、アンミカ先生、ありがとうございます!

アン:これ、私がちっちゃいときからやってるやり方なんですけど、カヴァラというユダヤの精神哲学で、自分がどう生きたいのか探していくときの道しるべを探すやり方とそっくりなんです。私の旦那様にこれを言ったら、彼はユダヤ教の人なので、「これいつも僕、頭のなかで整理しながらやってるよ」って。

アン:まず自分の願望や悩みを書き出す。そして願望に対して現状が叶っているかどうかを書く。そこでだいたいハッキリするんです。次に、なぜそれをやりたいか「目的」を書く。次に、自分なりに叶っていない心当たりを書いてみる。そのあと、願望が叶ったり悩みが解消されたときの喜びを想像してみる。そのための準備や、味方になってくれる人を書く。邪魔する人や不安を書く。最後に、全部みたときの戦略を書くんですが、面白いのが、ネガティブな方は書き出した後、目的と喜びと味方と計画だけ見るんです。すると自分がポジティブに見えてくる。だけど、自分がノーテンキで現実的じゃない人は、おそれの方を見て、自分が現実を見てないな、と気づくんです。これ、夜書くとおっそろしくネガティブになるんで、夜は考えても仕方がない! 私、いままでこれを書いて、叶っていない願いはないです!

JK:うわ! そうなの?! すごい!

出水:お、書いてよかった!!(笑) アンミカさんはたくさんの資格をお持ちなんですよね。

アン:今20個です。

JK:うわ~! これだけ持ってる人もいないと思うわ! もうこれ以上ってことはないと思うけど、まだ夢はありますか?

アン:ブラッシュアップという意味で、英語と韓国語の検定があるんですけど、もっと深い話をしたいと思っているので、この4月からは新しい資格は取らずに、この2つを何年も極めて行こうと思っています。

JK:そうね、ちょっと油断すると元に戻っちゃうからね。毎日々々のことですよね。韓国にはいったことあるんでしょ?

出水:私は韓国大好きなので(^^)コスメとか、あとはグルメ!

アン:ね~! 先生も行かれますか?

JK:う~ん、たま~にね。このところずいぶん行ってないけど。でもおいしいわね、とにかく。韓国を紹介するとしたら、1-2-3は何?

アン:うわ、難し~い!コスメもいいし、エステもいいし、食事もおいしいんですけど、実は現代美術がすっごく発達してますから。

JK:そうそう! 私も最初はそれがきっかけだったのよ。韓国のアーティストと知り合いで、美術館を作るっていうんでね。あとは世界的な指揮者のチョン・ビョンホンさん。本当、本気でやる人が多いから。すごいですよ。

出水:ソウルとかに行けば、現代美術の美術館があるんですか?

アン:いっぱいあります。とくに三清洞という、大統領が住んでるあたりは、すごくいっぱいアートの画廊があるんです。画廊カフェもいっぱいありますし、アートの町です。あとは芸術大学のそばには、芸術家たちが街をアートにしているエリアもあったり。すごく楽しいです。あとは仁寺洞には、昔ながらの筆とか画材も売ってて……

JK:知ってる! あそこは好き。あそこに行くとすぐイメージがわいてくるわよね。韓紙とか。すぐ買っちゃう。李朝が好きだから。

アン:いいですよね!柄とか。私もです!無地のものもあれば、草木を織り込んだものとか、柄が入ったものとか、風合いがいいものとかもあるんですけど、私はプレゼントを包むのに使ったり、額に入れて飾ったり。安いですしね。

JK:李朝の影響ですごいいい器があるのよね。陶芸は一番じゃないですか。

アン:だって、日本の茶道で使う器だって、朝鮮のものだったりするので。私も器、大好きです! GWだったら、ケナリっていう黄色い花とか、つつじとか。自然が多いんです、韓国って。川を見つめながら自然を眺めるカフェとかもどんどんできてますから、最新情報をチェックしてください。韓国は町が変わるのが早いので(^^;)

JK:観光大使もしているんでしょ? ピッタリですね。日本に住んでるから、外から見た韓国も知ってるしね。韓国で文化大臣をしたイ・オーリョンさんっていう人が『縮み志向の日本人』っていう本を出してるの。あれを読んで私、目が開いたわ。日本って外から見るとこんな風に見てたんだって。

アン:拝見させていただきます。でも、いま政治的な問題もありますけど、韓国の方々は、日本の観光客が品があって、センスがあって大好きだということとか。私、留学した時の話で、若い子に何回も写真撮られたんですよ。「なんで写真撮るの?」って聞いたら、日本の雑誌がその当時あまりなくて、「日本の人はメイクも服もおしゃれでカッコいいから、観光の方が来られたら、参考に写真を撮るんです!」って。そういういいところを近い国同士で交換していくと、理解も深まっていいと思うんですよね。

=OA楽曲=
M1. Happy / Pharrell Williams

M2. Don’t You Worry ‘bout A Thing / Incognito

「コシノジュンコ MASACA」
TBSラジオで、毎週日曜17:00-17:30放送中です。ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。