お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

ラジオを聴き返すときに大事な面白がり視点を持つ重要性

アフター6ジャンクション

radikoのタイムフリーラジオクラウドの整備により、スマホアプリやPCなどでいつでも聴けるようになっているラジオ。つまり「ラジオは聴き返すことが最も容易」なメディアに。では、聴き返す際に何を拠り所にすればいいのか? 月~金曜の帯番組・TBSラジオ「アフター6ジャンクション」では、1週間でオンエアしたカルチャー情報や目立った企画内容をおさらいする、その名も【アトロク・フューチャー&パスト】というコーナーでラジオの聴き方新時代をフォローアップしています。

ただ、radiko時代といっても「radikoってなんやねん」というとこからしっかり説明を入れなければガイドの意味がなくなります。ということであらためてスタジオでも説明。「ラジコ」「radiko」と検索するだけでページが出てきて、PCならそのまま聴けますしスマホならば無料でアプリをダウンロードしてそのまま立ち上げるだけ。リアルタイムで生放送を聴けるのはもちろん、過去1週間のオンエアを全チャンネル聴き返すことができる神サービスです。同じく「ラジオクラウド」も、検索するとでてくるページやアプリを利用して無料で聴くことができます。このクラウドは「著作権案件の音楽は入らないけどトークのみならば過去の放送をほぼアーカイブ的に半永久的に何度も聴けるという特徴があります。いわゆるpodcast的なものです。
http://radiko.jp/
https://radiocloud.jp/
1週間のオンエアの締めくくりとなる金曜20時が当企画の時間、その前にメインパーソナリティの宇多丸さんは別番組出演のため毎回早退していきます(行きたい、行かせない、の攻防も毎週あります)。

宇多丸さん退出後、1週間のオンエアをチェックしてくれたお菓子研究家の福田里香先生と共に番組振り返りトーク&解説。独自の番組チェック視点が素晴らしい!

そして聴き返す際に重要なガイドになる「当該週のオンエアで何をやったのか」をチェックする方法もあります。つまり「企画一覧が時間軸別にGoogleカレンダーになって番組ウェブサイトに実装」されています。月~金のワイド番組において、やってそうでやってるところは他にありません。
https://www.tbsradio.jp/a6j/