お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ
  • 音声あり

生島ヒロシがDJ松永に本気のアドバイス

ACTION

TBSラジオ「ACTION」(月-金15:30~17:30)、水曜日のパーソナリティは、ヒップホップユニットCreepyNutsのDJ松永さん。初回ゲストは・・・

松永:フリーアナウンサーの生島ヒロシさんです。


生島:いや〜、幸坂理加ちゃんはうちの事務所(生島企画室)所属らしいんだよね?
幸坂:はい、今日が初対面なんです。
生島:月曜から聴いてたけど、なかなかしっかりしてるじゃない!
松永:いや、幸坂さんの評価じゃなくて、生島さんを今日なぜ呼んだかというと、「ワタクシどうなん?」てことを聞きたくて来ていただいたんですよ!

生島:正直言って、新番組をやるのはいいけど、大変。強啓さんが24年ですよ?ニュースをわかりやすく説明するっていうんで、民放ラジオのなかでもトップ5に入るような良い番組だったんです。
松永:俺、ツイッターやってるんですけど、デイキャッチが終わってACTION始めるとなった途端、平和だった俺のリプライ欄に数々の攻撃的なリプライが…。
幸坂:わ〜!(笑)

松永:「とりあえず、デイキャッチのリスナーの皆さんに謝ってください」って届いたので、さすがにスパム報告してやろうかなと思いましたけどね(笑)

生島:それは仕方がない!僕の前は”ラジオの巨人”と言われた榎本勝起さんという百科事典くらいなんでもよく知ってる人がいて、ゆったりしたトークの中で知的でかつ面白い。その人に代わって喋り出したんだけど、あの頃は僕も松永くんみたいに早口だったわけ。

松永:え、生島さんが早口だったんですか?
幸坂:あの、ラジオネーム・ミカさんから松永さんが「喋るのが早い」って指摘されてますけど…。

生島:普段のトークでやってると僕もどっちかというと早口なんだけど、ラジオ番組を始めたら自分のスピードを3割減にしないといけない。
松永:意識的にやれるものなんですか?
生島:やれる、なかなか時間かかるけども。たとえば目の前にいる幸坂さんを70歳と思って、ゆったりわかるように喋るイメージ。

生島:お昼の時間に炭水化物を取った人はこの時間眠くなるわけよ。眠くなってる人に畳み掛けると「うるせえなあ」ってなっちゃう。
松永:そっかあ。
生島:そこをスローダウン、うまく調整するのは理加ちゃんの役目!
松永:理加ちゃん、頼みまっせ!

生島:珠ちゃんも最初はすごく真面目だったの。今はぶっちゃけトークだけど(笑)最初はテレビのキャスターぽくて、ラジオはそれじゃダメなんだ、て言ったら、俺よりもぶっちゃけちゃって。
幸坂:チェンジですね(笑)

生島:だから失敗を恐れず、あとはラジオのリスナーは厳しいかもしれないけど、ファンになってくださったら暖かいから。
松永:長く聴いてくれますよね。
生島:でもわかんないよ、6ヶ月で終わるかもしれない。それはあり得るよ、民放なんだから。だからスポンサーもリスナーも局も納得なものを四位一体くらいで作り上げてね。
松永:そうなると大変ですね…。

生島:他人の真似はできないんだから、自分の個性を出すしかない。僕らの時代は「外山滋比古先生の本を読め」と久米さんから言われたの。この方は東京外語大学の先生で、「語り」についての本を出していてね。
松永:へ〜。
生島:たとえば松永くんが「昨日、クラブDJで〜があって…」っていうのは”アルファ語り”だっていうわけ。
松永:アルファ語り?
生島:つまり自分の個人的な体験を語る。それで終わってはダメ。それを”ベータ”に昇華させていく。具体的に広がりを持って共有できるような話にしないといけないから、ただ身内で楽屋オチみたいな話ばかりになってる番組は長く続かない。リスナーが共感してくださって、どこかに行ってみようとか、そこで食や音楽の楽しみの広がりを持たせるようになっていけば…、20年!!
松永:え、これをできるようになったら20年できる可能性があるんですか!

生島:僕だって榎本さんから代わったときは6ヶ月くらい針のむしろだったから!
幸坂:うわ〜。
松永:常にそういうことが起こるんですね。
生島:なんなんだ!この番組は!って言われてるんだろうね(笑)

生島:だから、ゆっくり喋る。あとやっぱり今ラジオのリスナーの方ってアンテナが高い。特にタクシーの運転手さんはTBSラジオが一番勉強になる、って言われるんだよ。
松永:あ〜、そうなんですか!
生島:特に強啓さんの番組が好きだったって…。
松永:わ〜、大人のリスナーのみなさん!20代のDJに学ぶことは何もないですよ!(笑)

生島:でもね、違うんだよ。若い人は何を考えてるのかな?って。僕も68だけど、70歳くらいの人に「今、実はこういうことが起きてるんですよ」ってわかりやすく説明してあげると面白いじゃない。
松永:なるほどな〜。

生島:孫だかと話すときに「最近、DJ松永ってのが面白いじゃないか?」って言ったら、「なんでおじいちゃん知ってるの?」ってなるでしょ。
松永:そうですね、若い人との共通の話題になれたらってことですね。
幸坂:食卓にトークの花が咲くかもしれないですよね。
生島:切り返しがいいですね!幸坂リカちゃん!
松永:ちょっと待って!幸坂さんの褒めの割合が多いなあ!(笑)

松永:頑張りたいなあ。ちなみに生島さんが今日はうまくできなかったなって日はあるんですか?
生島:ありますよ。
松永:そういうときどうやって立ち直るんですか?
生島:寝ちゃう。
松永:寝ちゃうんだ(笑)
生島:この番組とかは反省会とかやるでしょ?あんなのやらないほうがいいよね。
松永:え、この番組、反省とかやるんですか?
幸坂:やりますよ?
松永:うわ〜、ストイック!(笑)

生島:私は反省会は…、よっぽど酷いときは注意してもらうけど、自分でだいたいわかるから。あとは失敗してもクヨクヨしないこと。
松永:それ大事ですよね。たとえば本番でミスって落ちこんじゃうと、それ以降の時間ってトーンが落ちちゃうじゃないですか。
生島:それは腹に気合を入れてギャー!と乗り越える!
幸坂:丹田に力を入れて。
生島:そのとおりです!さすが理加ちゃん!
松永:ちょっと待ってよ!生島さん、若い女好きなだけとかじゃないですよね!?(笑)
生島:そんなことないですよ。私は力があって人間味に溢れる人が好きなの。世間の目を気にしても、世間は何の責任も取ってくれませんから、我が道を行く!
松永:その言葉、ありがたいです。ありがとうございます。

これはまだ一部。爆笑したり、真剣に話したり。生島さんのアドバイス全編を聴くのはコチラ↓↓↓

DJ松永への本気アドバイス全編http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190403163059

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)