お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

あなたもやってませんか?飲酒でポチ!「うっかりショッピング」

森本毅郎 スタンバイ!

新年度のこの季節と言えば、お花見ですが・・・そのお花見につきものの「お酒」と「ネットショッピング」について、アメリカでちょっと興味深い、こんな調査結果が出たんです。そこで・・・。

「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)7時35分からは素朴な疑問、気になる現場にせまる「現場にアタック」!!4月4日(木)は、ディレクターの志田卓が『あなたもやってませんか? 飲酒のあとの「うっかりショッピング」 』をテーマに取材をしてきました。

 

 

★飲むほどに、ついついポチっ!

今回発表されたのは、最新のアメリカ調査なんですが・・・トレンド総研の福田結生さんに聞きました。

福田結生さん
「アメリカの調査会社から出た結果で、飲酒時は、インターネットショッピングで購入する額が非常に多く、購入意欲も高まっているという結果がでています。アメリカでは、その市場規模、飲酒時のネットショッピングの市場規模が480億ドル=日本円にすると約5兆円強にまでおよぶといわれています。」

なんと、飲んでポチ、うっかりネットショッピングだけで5兆円!金額もアメリカサイズ!そこで、きょうは「調査の真相を探る!」と題して、このアメリカの調査結果を踏まえて、日本はどうなのか?市場調査をしてきました!日本のみなさんの「お酒とネットショッピングの関係性」を一番調べやすい場所といえば・・・上野公園のお花見にお邪魔してきました。

★飲んでポチ、日本では?

お花見に遊びに来ていたみなさんに、お酒を飲んだあとに、ついついポチっとネットショッピングして「無駄なものを買ってしまった」経験があるのか聞いてきました!

 

女性
「健康器具とか腹筋マシーンとか買って、でも全然使わないとかケータイでポチポチして、飲むと気持ちよくなって、買っちゃいますよね。」
男性
「飲んで、買ってしまったのがママチャリ 酔った勢いで買ったの覚えてなくて、届いて、結局4万8千円払ったのがお酒で買ってしまった思い出です。」
女性
「アクセサリー買いました。当時の彼氏の分も買った。3万くらい、でも「×2」だから6万みたいな。しかも渡そうかなと思ったら、別れたみたいな。」
男性
「飲んだ勢いで、エステ美容器を買った。エステのマッサージ器を15万くらい。飲んだ勢いで、もういいよ、買っちゃえ買っちゃえみたいな(商品届いたらどうなるんですか?)そんとき焦んなかったんですけど、クレジットの明細みたとき、びっくりしました。今月どうしようみたいな・・・」

みなさんかなりアメリカの調査に忠実に「無駄な買い物」してました!聞いた人のほとんどが「経験アリ」でした。スマホでぽちっと。また、金額も4万円空15万円までと幅広い!ちなみに、アメリカの調査では「冷蔵庫を買ってしまった」という人もいたそうです。

げんあたくん
「みんな、飲んでポチポチしてたなー」

 

★飲んでポチキャンペーンも登場!?

と・・・日本人もアメリカの調査に負けていない様子が見えてきましたが、こうした実態調査を先取りして、実は、企業は、こんな仕掛けをする企業もアメリカでは登場してきたんです。再び、トレンド総研の福田さんに伺いました!

福田結生さん
「アメリカでは、EC大手の「ギルト」だったり、といったところの会社が、飲酒時、当時間帯にあわせて、プロモーション行動とか、数量限定のセールとか、比較的高額の商品を安く買えるというプロモーションを行っていると明言しています。毛布のプロモーションが例としてあげられていましたが、「ギルト」は日本でも、アパレル系とか生活用品、インテリアとかを取り扱っているサイトです。」

海外の企業は、みなさんたくみに消費者心理をついてる!時間帯は週末金曜の午後6時から0時までの時間帯が多いそうです。ただ、まだ日本の企業でこうしたキャンペーンをしているところは、いまのところわかっていないので、今回の調査結果をうけて、仕掛けるところがいるかも!??

★なんで「飲んでポチ」が増えている?

「お酒」と「ネットショッピング」の関係が見えてきましたが、もうひとつ気になるのは、こうした、「飲んだあとのうっかり買い物」調査結果で年々増えているというんです。それはなんでなのか、その理由は今回のこの調査には出ていなかったので、日本の街のみなさんから探し出してみようと調査したところ・・・この「飲んだあとのうっかり買い」共通しているものが見つかりました!

 

女性
「家で多い。一人飲で宅飲みして、スマホ見てて、あー欲しいな!みたいな。」
男性
「家で飲んでました。その流れで、ゆるみますね、何も守るものがないんで。」
女性
「家で飲むと・・・酔っぱらってもすぐ寝れるから、気は緩みます、外で飲むより、買っちゃおうっかな・・・みたいになります。」
女性
「気がゆるんじゃって、自分の家です、一人暮らし、してるんで、やたらいろんなもの見てしまいます・・・節約のために宅飲みしてるんですけど、結果的にビールを1ケース、追加してしまうので最終的に無駄遣いかな・・・みたいな。」

「自宅飲み」は、終電も帰りも気にしないからどんどん自分の好きなペースで飲んじゃう。だからついつい飲みすぎて、陽気になって、ネットショッピングしちゃうんです。みなさん「家で飲みすぎると、心と財布がゆるむ」んだそうです。つまり、今回の調査結果と日本での市場調査でわかってきたことは・・・

  1. 自宅飲み=タク飲み が近年「節約志向」で増えてきた
  2. と同時に、ネットショッピングも急増してきた
  3. その結果、ついつい飲んで陽気になると、スマホでポチっとショッピング!
  4. あとで平常時に商品が届くと、反省してしまう・・・

結局「タク飲み」の節約分が「うっかり買い」にまわってしまう・・・というサイクルが世界的に起きているということが、今回 調査の背景から見えてきました。