お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 音声あり

激安シューズの「ヒラキ」がお値段以上だった

ジェーン・スー 生活は踊る

子ども用スニーカーがなんと「180円!」という衝撃の価格有名な激安靴通販の「ヒラキ」。最近、CMでも流れていてご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。すぐ汚れたり、成長でサイズが合わなくなったりするので、買い替えやすい価格が財布にやさしく子育て世帯で人気となっているそうです。ヒラキは兵庫県の会社で、県内などには店舗があるようですが、今のメインは通販。実は靴以外にも、サンダルや上履き、体操服、インナー、雑貨、99円均一など、日用品の品揃えも豊富に揃っています。

安かろう悪かろうではないのか!?

やはり安いということは、デザインや履き心地がイマイチなんじゃないのか?という不安も付きまとうものです。そこで「生活は踊る・木曜日」では実際に1ヶ月、出演者、スタッフで履き心地を試してみました。今回、購入したのは6足でしたが、それでも合計は7,340円(しかも税込み5,940円以上買うと送料無料!)

 

「JOG軽ニット」


蓮見アナが履いたのは超軽量で通気性のニット素材、そしてクッション性のあるソールが特徴のスポーツシューズです。見た目はナイキなどでもありそうな感じです。価格は780円。


履いてみた感想「とにかく軽いのが良いです。運転をしていても疲れません。しっかり足がくるまれている安心感があり、ソウルも分厚くないのでまるで素足でアクセルを踏んでいるようです」

「メンズ軽量スポーツタイプスニーカー」


作家の稲原さんが履いたのは「メンズ軽量スポーツタイプスニーカー」。縫い目の少ない一体アッパーでフィット感の良いのが特徴。価格は1,380円。

履いてみた感想「ジムトレーニング用に使用しました。ストレッチをしたり、筋トレ系の動きをするぶんには軽くて靴底も柔らかく問題はまったく感じませんでした。ランニングをする場合は別のランニングシューズを使用しているので、もともとランニングには使わないつもりだったので不便は感じませんでした。これまで使っていたトレーニング用の靴は旧くなっていたので捨てました。何かの「上履き」に使用して履き潰すにはいいと思います。ヒモがちょっとだけ長すぎかも」

「メンズコートタイプスニーカー」


ディレクターの中野くんが履いたのは「メンズコートタイプスニーカー」。見た目は線が一本足らないアディダスのキャンパス。価格は1380円。

履いてみた感想「ふだん使いする分には、この価格・クオリティなら十分だと思います。まだ、そこまで多く履いていませんが、耐久性も問題なさそうです。ただ、ソールの厚みが気になりました。アディダスと比較すると心なしか薄いような…直に地面を感じるような履き心地です。かかと部分も、芯がないような感じです」

「ファミッポン」


サブ作家の市川さんが履いたのは「ファミッポン」。見た目はほぼバンズの「スリッポン」。つま先部分を補強することで耐久性を高めているということです。サイズも19.0~30.0cmまでと充実しています。価格は480円。ちなみにバンズの似た商品だと通常は5000円程度します。

履いてみた感想「スリッポンを2足持ってましたが、履き心地は全く変わらず問題ありません。長時間履いてもそんなに臭くないですし、普段履きにはとてもいいです。ジムにも行きましたが、傷みは特に無いので現状耐久性の問題はさそうです」

 

スエード調ゴールドパーツ付ブーツ」


アシスタントディレクターの甲斐さんが履いたのは「スエード調ゴールドパーツ付ブーツ」。ヒールにゴールドプレートを飾ったレースアップブーツで、アッパーは上品なしっとりとした肌触りのスエード調素材を使用しています。価格はセール中で1,980円。

履いてみた感想「熱い感想をいただきました。1万円ちょっとで購入した同じようなショートブーツと比べ、履き心地の差は全く感じませんでした。1点デメリットを挙げるとしたら、最初 靴紐が何度もすぐほどけた点(靴紐が固いから?固いのは紐の素材?水分が紐にしみこまないように加工されてる?)ただ、 使用していくうちに全く問題なくなりました。シンプルなデザインだけど、だからこそ どこで買ったものか分かりづらくて使いやすい‼ヒラキの商品の中では少し高めかもしれませんが、ヒールのゴールドプレートの飾りによって高級感が出て1,980円には見えません!デザインも 他ブランドのショートブーツに引けを取らない仕上がりだと思います。また、しっとりとした肌触りのスエード調素材は触り心地も◎ 私は歩き方が悪いためか靴同士が擦れてしまう部分があるけれど、今のところ擦れていません!安いから擦れたり剥げたりしやすい。長持ちしない。なんてこともなさそうです。いろいろな私服に合わせやすく、気に入っています♪」

横にチャックが付いてるので脱ぎ履きもしやすそうです。

「ソフト素材モカシンカジュアルシューズ」


厚さ5mmのクッションが入っていて衝撃を吸収。靴の内側には足あたりのよい素材を使用しているということです。(モカシンは、革一枚で作られた結びひもや留め具がない足首までを覆う袋状の靴)。価格は780円。

履いてみた感想「見た目も履き心地もフィット感もとくに問題ありません。ただ長時間歩く場合など若干ソールの厚みは気になりました」

お値段以上だった品質とデザイン。この春は「ヒラキ」でよい靴と出会ってみてはいかがでしょうか!