お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

空気階段の踊り場 第103回「駆け抜けてもぐら~僕と銀杏の青春時代~」

空気階段の踊り場

若手芸人・空気階段がお送りする教養バラエティ「空気階段の踊り場」。毎週金曜日24時30分から25時00分まで「マイナビ・ラフターナイト」の中で放送中。

 

4月5日(金)放送の第103回は・・・、

先日、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」にゲスト出演していた峯田和伸さん(銀杏BOYZ)。番組の中で、14,5年前によくLIVEに来ていたファンの話をしていました。

 

地方のLIVEにもよく来ていて、部屋に泊めたこともあるというほど親交があった男子高校生。そのファンの名前は、鈴木もぐら。今、よしもとで芸人をやっているそうです。

 

 

そう、もぐらです。

 

番組でも一切語られることのなかった、鈴木もぐら少年と峯田和伸さんのエピソード。「一人前の芸人になるまで、自分から話してはいけない」と心に決めていましたが、峯田さんがTVで話をしてくれたので、ついにこのラジオで明かすことにしました。

 

 

題して、、「駆け抜けてもぐら~僕と銀杏の青春時代~

正体の見えない「心の闇」に押しつぶされそうだった鈴木もぐら少年の支えは、銀杏BOYZの音楽だけでした。おんなじ誰かもおんなじ空を見てると信じ、もがいていました。

 

高校生になったもぐら少年は、バイトでお金を貯めてLIVEに通うようになります。出待ちを続けるうちに名前を覚えてもらい、「あれ、もぐらじゃない?」と声をかけてくれた峯田さん。ある時はハンバーガーをご馳走してくれたり、ある時は弘前のホテルに泊めてくれたりもしました。当時のファンが聞いたら嫉妬するであろう貴重な体験です。

 

時は流れ、10年後。芸人となったもぐら少年は、峯田さんと高円寺の居酒屋で再会します。真夜中の純情商店街でした。

忘れていてもおかしくない“いちファン”に対して峯田さんは、あの頃と同じように声をかけてくれました。

「あれ、もぐらじゃない?」

 

「メールアドレス変わってないから、いつでも連絡してこいよ。」

 

再会から半年後、ルミネtheよしもとで空気階段の単独LIVEがありました。チケットの売れ行きは絶好調で、前日の段階でほぼ満席状態。これなら、一端の芸人として峯田さんに見せれるかもしれない・・・と思いながらも中々連絡できずに、時刻は「当日の朝4時」。

いまさら失礼かと思いながら、思い切ってお誘いのメールを送るとすぐに返事はかえってきました。

 

「当日の朝に、『来てほしい』なんてメール送ってくるお前が好きだよ」

 

峯田さんは、元ドラマーの村井さんと一緒に単独LIVEに来てくれました。これが、峯田さんがガキ使で話してくれた話の全貌です。

次は、もっと売れて共演できますように。

母ちゃんがパジャマとして使っていた銀杏Tシャツ。

 

詳しくは、radikoタイムフリーで!1週間限定で放送をまるまる聴けちゃいます。

ラジオクラウドでは、「本編の再編集版」と「アフタートーク」を後日配信!

 

【本編】駆け抜けてもぐら~僕と銀杏の青春時代~

 

【アフタートーク】元号発表の時、鈴木家では…

 

すべての宛先は、odoriba@tbs.co.jp まで。

 

【お知らせ】

★ネタコーナー「チンして食べて」

水川かたまりが鈴木もぐらに残した書置きを募集中。

「もぐらへ ~(書置きの内容)~ かたまり」のフォーマットでお願いします。大事なのはBLポイントです。

 

★「レンタルもぐら」利用者募集中!

一人で行くのが不安なので着いてきてほしい、一緒に怒られてほしい、友人役で結婚式に来てほしい、なんでもOKです。鈴木もぐらをお貸しします。

ラジオネーム・氏名・年齢・電話番号、レンタルしたい内容を明記の上、odoriba@tbs.co.jpまでお送りください。

 

★twitterのハッシュタグは、#odoriba954 です!