お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

元号が変わったあの時。レトログッズで振り返る「平成元年」とは

アフター6ジャンクション

独自な視点から様々なカルチャーを研究・発信し、その先を目指す「ビヨンド・ザ・カルチャー」。4/8は…「さよなら平成。ようこそ令和。新シリーズ・レトログッズで振り返る平成 ~第一回 平成元年編~」

新元号が「令和」になると発表され、いよいよ「平成」という時代そのものがレトロと呼ばれる時代が近づいてきました。そこで、新シリーズ「レトログッズで振り返る平成」がスタート! 第一回のテーマは、「平成元年」。当時、どんなグッズやガジェットがブームになったのか? 大量に生産され、瞬く間に消えていったグッズとは?  平成レトロ研究家の山下メロさんに伺いました!

平成レトロ研究家にして、全国の観光地で売られていた雑貨みやげを「ファンシー絵みやげ」と名付け、その研究と保護を行う「ファンシー絵みやげ研究家」。その研究成果をまとめた著作「ファンシー絵みやげ大百科 忘れられたバブル時代の観光地みやげ」も。