お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【『ゼビウス』の産みの親、遠藤雅伸に伺う】平成のゲームシーンとこれからを大展望

アフター6ジャンクション

様々な文化の研究・発信・そしてさらにその先を目指す「ビヨンド・ザ・カルチャー」。4月4日は…

「平成にとって『ゲーム』とは何だったのか?“ゲームの神様”が選ぶ平成を代表するゲームとこれからのゲーム界を大展望!」特集 

平成元年、任天堂のゲームボーイ発売。平成6年、初代プレイステーション発売。
そして近年はゲームの実況動画やeスポーツの世界的な盛り上がりと、平成30年間のうちにゲーム界はめざましい発展を遂げました。そんな平成30年間にとって、最も重要なゲームとは何なのか?
平成日本にゲームが与えた影響とは一体なんだったのか?


語り部は、1983年に『ゼビウス』で大ブームを巻き起こして以来、「ゲームの神様」と呼ばれ、開発者・研究者としてゲームデザインの最先端を走り続けていらっしゃる「遠藤雅伸」さんと、批評誌「PLANETS」副編集長である、評論家で編集者の中川大地さんです。

「前半:1989年から2003年まで」と「後半:2004年から2019年現在まで」に分けて、平成におけるゲームシーンの変遷をたっぷりと伺いました。

TBSラジオ『アフター6ジャンクション』は月~金18:00~21:00生放送。
FM90.5MHz、AM954kHz、PCやスマホならradikoでも。
聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。
■番組メールアドレス:utamaru@tbs.co.jp
■番組公式twitter: @after6junction
■Instagram:after6junction
■参考:前身番組「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(タマフル)」HP