お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

人間の持つ闇、負のエネルギーが創作意欲に?【アッシャー家の崩壊】

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】

 

今週は先週に引き続き、ゲストに俳優の福山翔大さんをお迎えして、エドガー・アラン・ポーの『アッシャー家の崩壊』をお届けしました。

前回に引き続き、作品を深く読み込みながら役を自分に落とし込み収録に臨まれる福山さん。
どこか詩的な描写の多いポーの世界観を立体的に、情景が思い浮かぶようなラジオドラマにしてくださいました!

奇妙なテンション・温度感のまま進んでいく前半に比べ、後半の展開のスピード、躍動感。
ホラー作品なのに、情景描写が芸術的で綺麗だという矛盾が、さらに不気味さを増しますよね!

視覚的に見ることのできない人の心を、屋敷と共鳴させて表現するという発想は、作品が発表された当初とても衝撃的だったのだろうなと思います。

“自分自身に飲み込まれてしまう瞬間、人間の弱い部分”
これは前作の「ウィリアム・ウィルソン」とも共通している点!
リアルな闇、作者ポーの中にある負のエネルギーが、創作するための力となって作用していたのかもしれません。

闇深く奇抜なようでいて繊細なポーの世界観、ゾワゾワしながら他の作品も読んでみたいなと思います♪

by 永瀬千裕

~ゲスト・福山翔大さんオススメの本~
○『トリツカレ男』/いしいしんじ

ピックアップ