お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

今週のナイツのミニ漫才「お札のデザインが新しくなるそうですね」

土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送

土屋:おはようございます。ナイツの土屋です。

塙:おはようございます。ナイツの塙です。尊敬する偉人ってたくさんいるじゃないですか。僕、昔からこの人凄いなぁって思ってた偉人が3人いるんですよ。

土屋:3人。誰なんですか?

塙:渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎なんです。

土屋:それ、本当に昔からですか?絶対ここ何日かだろ。

塙:その中でも特に誰かって言われたら、やっぱり渋沢栄一さんになりますかね。津田梅子さんのちょうど2倍、北里柴三郎さんのちょうど10倍尊敬してます。

土屋:完全に金額と一緒じゃねぇか!尊敬にちょうど何倍とかないだろ!

塙:もちろん他にも尊敬する人はいますよ。福沢諭吉とか。

土屋:それまだ続けます?

塙:渋沢栄一さんと全く同じくらい尊敬してます。

土屋:でしょうね!

塙:その5分の1くらいかな。紫式部も好きです。

土屋:あ、懐かしの二千円札ね!だから、それもういいって!お札に描かれる人を言ってるだけでしょ?今週、紙幣のデザインが新しくなる事が発表されましたね。

塙:一万円札は渋沢栄一、五千円札は津田梅子、千円札は北里柴三郎が描かれるそうですね。今回の人選は意外と言うか、3人の事をほとんど知らないって言う声も多かったみたいで。と言う事で、今日は僕が調べてきたので、それぞれの事を簡単に紹介させていただきます。

土屋:あ、いいですね。よろしくお願いします。

塙:まずは、一万円札の渋沢栄一さん。1840年、現在の埼玉県深谷市に生まれました。大蔵省…現在の財務省の一員として働き、その後、第一国立銀行…現在のみずほ銀行を設立しました。ちなみに、2016年には、NHK朝ドラ「あさが来た」では、渋沢栄一役を、三宅裕司さん…現在の三宅裕司さんが演じました。

土屋:一緒ならわざわざ現在のとか言わなくていいよ!

塙:そして、五千円札に起用されたのが、津田松子…じゃなかった。竹子…じゃなかった。梅子さん。

土屋:そう言い間違えると、ちょっとランク落ちしたみたいに聞こえるからやめて!

塙:津田梅子さんは1864年生まれ。津田塾大学の創始者で、女性初の留学生でもあり、日本女子教育の先駆者と称されています。あ、女性と言う事で、体重の紹介は控えさせていただきました。

土屋:そもそも偉人の体重言うことないですから!

塙:そして千円札に決まったのが、北里人工芝三郎ですけど…

土屋:柴三郎だよ!だから、ランク落とすのやめてって!あと、柴の漢字も違うしね。

塙:細菌学者の北里柴三郎さんは、ペスト菌を発見するなど伝染病予防の発展に大きく貢献して、「日本細菌学の父」とか、「近代日本医学の父」とか、「父さん」と呼ばれました。

土屋:最後の「父さん」は本当の子供から呼ばれたやつだろ!

塙:とにかく、本当に凄い人達なので、今日は3人の名前と得意なものまねだけでも覚えて帰って下さい。

土屋:そんな話一回も言ってねえだろ!いい加減にしろ!どうもありがとうございました。

作 野口悠介

今週のナイツのミニ漫才「お札のデザインが新しくなるそうですね」http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190413090000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)