お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

檀れい「カメ・スズムシ・カブトムシ・クワガタ・金魚・ウサギなど。飼育歴がすごい」

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今日4月19日は「飼育の日」。2009年に「日本動物園水族館協会」が協会創立70周年を記念して制定しました。つまり今年は創立80年になりますね。たくさんのイベントが行われるようです。

私・檀れいも、小さい頃から「カメ」「スズムシ」「金魚」「カブトムシ」「クワガタムシ」などを飼ったことありますし、小学生のときには「飼育委員」を務めたことがあります。学校で飼っているウサギや、ニワトリの世話をする係なのですが、小学1年生の頃、ウサギが赤ちゃんを産んで、その内の何羽かを飼育委員が家に持って帰って飼ってよいことになりました。

私は、最初に手を挙げて立候補したのですが、ほかのみんなも当然飼いたかったようで、最終的には「くじ引き」で飼う人を決めることになり、その結果、わたしが見事に引き当て、家でうさぎを飼い始めた思い出があります。名前は「ラビちゃん」と名付けました。
子供が動物を飼育することは「心の成長につながる」と言われています。自分よりも弱いもの、小さいものを守ろうとする「養護性」や、相手の立場になって物を考える「共感性」を育むことができるそうです。飼育の日を定めた「日本動物園水族館協会」は、国内の動物園91園、水族館60館の会員によって構成されていて、主な役目として「4つの機能」を提唱しています。まずは「種の保存」の機能と「調査研究」の機能。これらは学術的意味合いが強いものですね。そして「教育・環境教育」の機能は、生き物のにおいや鳴き声を実際に体験することで生態を理解し、環境教育にも結びつけ考える機会の提供になるそうです。最後4つめは「レクリエーション」の機能。家族や友だちと一緒に生き物を見る楽しさや楽しく過ごしながらも「命の大切さ」や「生きることの美しさ」を感じ取ることができるように、かつ動物たちも快適に暮らせるように考えられて展示されているそうです。動物園。水族館はまさに動物を飼育することの効果を担っている「プロの仕事」ですね。

春です。週末は家族や恋人と動物園や水族館へ行ってみるのは
いかがでしょうか。

 

 

番組ではみなさまからのメッセージをお待ちしています!
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。
ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。