お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 音声あり

【音声配信】「通信料金と端末料金の分離が義務化へ。そして来年春には5Gが本格始動。これからの携帯事業はどうなるのか」石川温×三上洋×荻上チキ▼2019年4月16日(火)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)

荻上チキ Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

Main Session
時事問題や社会問題などをおよそ1時間にわたって特集します。

4/16(火)のテーマ

「通信料金と端末料金の分離が義務化へ。そして来年春には5Gが本格始動。これからの携帯事業はどうなるのか」

▼きのう、NTTドコモは、国の義務化に先立ち、通信料金と端末料金を分離した料金プランを6月1日から開始すると発表しました。組み合わせにより、従来の料金プランより最大4割安くなるとしている一方、端末の価格は上がるものとみられます。

▼これまでは、一定期間の通信契約を条件に、端末代を割り引く「セット割引」が主流でしたが、「端末を頻繁に買い替えない人にとっては不公平だ」などの批判があり、政府は去年、分離などを通じた料金の引き下げを携帯各社に要請。
また、通信料金と端末料金の分離を義務付ける「電気通信事業法 改正案」を今国会に提出しています。

▼一方、総務省は先週、次世代通信規格「5G」に必要な電波の割り当てを発表。5Gは現行の4Gに比べ、通信速度が最大100倍ともいわれ、来年春にも各社が本格的なサービスを開始する予定です。

▼大きな変化の時を迎えた携帯事業。今夜は何がどう変わるのか。そして私たちはどんな選択をすればいいのか、専門家に伺います。

【スタジオゲスト】

スマホ/ケータイジャーナリストの石川温さん

ITジャーナリストの三上洋さん

 

★番組では月曜から金曜まで、その日のテーマについてなど、メールマガジンを配信中★
登録したい方はこちらからお願いします