お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

高齢者のペット飼育支援▼人権TODAY(2019年4月13日放送分)

人権TODAY

毎週土曜日「蓮見孝之 まとめて!土曜日」内で放送している「人権トゥデイ」。様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

今回のテーマは…『高齢者のペット飼育支援』

高齢者にとってペットとは?

「一般社団法人ペット協会」の調査によると日本人の犬猫の飼育数は約1,855万2,000頭。15歳未満の人間の子どもの数=1,553万人を300万人上回っています。もちろん犬や猫を飼う高齢者も増えているわけですが、高齢者にとってペットの存在とは、どんなものなのでしょうか?

まるち動物病院(東京・足立区)獣医 親跡昌博(ちかあと まさひろ)さん
高齢になってからウチの中に生き物が居るということは、とても活気が出てきますし、触れる動物であれば癒しにもなる。それから自分の言うことを聞いたり、呼んだら反応してくれるということ、たったそれだけなんですけども、それが会話以上の伝わり合うことがあって、高齢の方も元気に過ごせる。

“超少子化・超高齢化”が進み、高齢者だけの家庭やいわゆる“独居老人”が増えている中で、ペットの役割も大きなものとなってきたわけです。そんな実感を「まるち病院」を訪れる独り暮らしの高齢者の女性に聴きました。この女性は、12歳のトイプードル“マロンちゃん”の飼い主です。

トイプードルのマロンちゃんをを飼う高齢女性
家族というのは、こういうのなんだなーって。何かこの頃何か自分が年取ったせいだかね、もうしみじみ可愛くて可愛くてね。愛おしくてね。何か涙が出ちゃう。不安になることは、私が具合が悪くなった時はどうするのかって思ったり、先死んじゃったらどうしようとか。

愛犬のマロンちゃん

この女性は、マロンちゃんを「目に入れても痛くない」ほど可愛がってるわけで、その分自分の先行きに対しての不安も大きいわけです。

高齢者のペット飼育に対する、具体的な支援

「ペット協会」の調査によると、犬猫を飼いたいけど現在飼ってない70代の方々にその理由を尋ねたところ「最後まで世話する自信がないから」という回答が最も多かったということです。どうすれば、先行きを心配せずに犬や猫を飼えるのでしょうか?

まるち動物病院(東京・足立区)獣医 親跡昌博(ちかあと まさひろ)さん
動物病院の獣医師が、もうちょっと社会に出て行って、高齢の方の動物の飼育支援をもう少ししても良いかなと思います。それから高齢の方も、積極的に犬や猫を飼って良いかと。難しいことがあったら周囲に相談していただく。特に動物病院の獣医師に相談していただければ。

親跡さんは、「NPO法人 高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク=VESENA」の副理事長を務めています。この「VESENA」は、今から10年前に設立。その名の通り、登録サポーターとなった動物病院などが、高齢者がペットを飼う場合の支援を実施しています。具体的には、足が悪い飼い主などが、なかなか病院に来られない、薬を取りに来られない場合など、動物看護士の派遣など行っており、訪問した際には、躾やシャンプーの指導なども行います。また飼い主が入院した場合、その期間中ペットを預かってくれるボランティアの紹介なども実施しています。身近に親跡さんのように頼れる獣医さんが居ると、マロンちゃんの飼い主さんも、ひと安心出来ます。

トイプードルのマロンちゃんをを飼う高齢女性
先生に、「可愛がって育てなさい」ってこの間言われてからね。何かそれが嬉しくてね。あんまり先行きのこと考えないで、マロンちゃんと一緒に居たいな~と思って。気持ちがすごく楽になりました。

飼い主の精神的にも、身近な“かかりつけ医”が、重要な役割を果たします。もしも飼い主が亡くなるなどした場合も「VESENA」では、ネットワークを通じて新しい飼い主を探してくれます。さて親跡さんは今後は各地域で、人間の“介護”を担っている「包括支援センター」との連携が重要になってくると語ります。

まるち動物病院(東京・足立区)獣医 親跡昌博(ちかあと まさひろ)さん
独り暮らしで犬を飼ってる猫を飼ってる。でもご自分が具合悪くなってしまった。その情報は直接は動物病院に入らないんですけど、ケアステーションですとか人の介護の経路を通じて、包括支援センターからウチに連絡があって、その宙に浮いてしまった動物を何とか出来ないかという相談が持ち掛けられることがあって、それはお手伝い出来るならしましょうってことになってます。

独り暮らしで動物病院にもほとんど来られなくなった飼い主の場合、ぺットの健康状態も良くなかったりすることが多くなりますが、そうした方々やペットのためのセーフティネットを作っていくのには、このような試みが重要になっていきそうです。

*「NPO法人 高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク=VESENA」
℡03-5849-3072
https://www.vesena.org/

担当:松崎まこと(放送作家/映画活動家)