お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

この春「デジポリス」で防犯しよう

ジェーン・スー 生活は踊る

新生活が始まって、少しみなさん落ち着いてきた頃でしょうか。今日は「春・新生活にあると便利なアプリ特集」と題して、3つ、スマートフォン用のアプリを紹介しました。

まだ花粉症に悩んでる!という人へ“アレルサーチ”

どんなアプリか、ひとことで言うと「自分の花粉症レベルが数値化されるアプリ」

順天堂大学医学部眼科学講座による、花粉症研究のための花粉症予防アプリ。基本的な、「花粉の飛散情報、PM2.5情報、黄砂情報」に加え、アプリ内のアンケートに答えていくと、自分の花粉症レベルがわかるです。

ディレクターの花粉症レベルはこちら。

アンケートが細かく、このアンケートによって、「予防しようという行動」を喚起し、花粉症の症状緩和・予防しよう!という行動につながるのだそうです。ユニークなのが、花粉症によって影響を及ぼすとされるQOL(生活の質)や、仕事の生産性などを確認することができるんです。まだまだ花粉症という方。仕事にも影響が出始めている方。自分の状況を知ることができるので、一度演ってみると良いかもしれません。
「アレルサーチ」は、iPhoneで使用できます。無料です。

新しい環境になった、そんな時にダウンロードしておきたい“Digi Police”

ひとことで言うと「スマートフォンが、ちょっと便利な防犯ベルになるアプリ」
警視庁犯罪抑止対策本部が開発したアプリ。2016年に配信されたアプリ。ここ最近利用者が増加している。実は3月に大幅リニューアル。
▼主な機能は・・・
トップ画面の「地図機能」から、不審者出没・特殊詐欺発生などの事件情報のほか、コンビニや警察署の場所も表示できる。何かあった時に助けてもらえる場所が明確に!

 

 

 

 

 

 

 

 

また、犯罪発生情報のメールやSNS(ラインなど)による送信機能を追加し、家族や子どもの保護者間などで情報共有ができます。
「防犯ブザー」の機能は、緊急時にベルの絵の画面を押すと、スマホの最大音量で電子音が響き、あらかじめ登録したメールアドレスに通知を送る。合わせて、スマホの位置情報を送ることもできます。
「痴漢撃退」の機能では、画面に「痴漢です 助けてください」と表示され、怖くて声が出せなくても、周囲の人に見せ助けを求めることができる。また、さらに画面に触れると、「やめてください!」と大きな声がでるようになっているんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お子さんはもちろん、電車で通勤通学を始めた方、新しい場所に引っ越した。そんな方に、ぜひ使ってほしいアプリです。
「デジポリス」は、iPhone&アンドロイド、どちらでも無料で使用できます。

近くのスーパーで使える「トクバイ」

ひとことで言うと「お得な買い物ができるアプリ」
スーパーやドラッグストア、ホームセンターなどのチラシやクーポンを見ることができます。
チラシがみられるアプリはいろいろとあるが、トクバイの良さは「掲載店舗の種類の多さ」スーパーやドラッグストアはもちろん、100円ショップやクリーニング店やスポーツ用品店、家電量販店もフォロー。スーパーを登録すると、そのスーパーのページができて、商品やスーパーへの口コミ、そして割引情報などが分かりやすく表示されるので、見やすいのもポイント!
また、近くのお店がやっている「クーポン」をもらうこともできます。春は何かと物入り。「トクバイ」を使って、お得に買い物をしてみては?
「トクバイ」は、iPhone&アンドロイド、どちらでも無料で使用できます。

全て無料で使用できるので、ぜひ、新生活で活用してみてくださいね!