お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

田中みな実のストイックすぎる「睡眠法」

ジェーン・スー 生活は踊る

小笠原亘アナウンサーが海外出張でお休みのため、TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」のパートナーを務めたのは、元TBSでアナウンサーの田中みな実さん。2時間、ジェーン・スーとの”トークの強振ラリー”を繰り広げてくれました!

「可愛く我を通す方法」とは?

リスナーのお悩みに答える「相談は踊る」コーナーでは、「年上の彼氏が、最近、デートのプランやごはんなどを勝手に決めるようになってきました。昔は、なんだって『これでいい?』って聞いてくれていたのに…。どうすれば、優しい彼に戻ってくれるのでしょう?」という26歳・女性のお悩みが。田中みな実さんはどう答えたのか!?

<田中みな実さんの恋愛感も飛び出した相談コーナーの音声はこちら↓>

美容は睡眠から!質の良い睡眠を取るための生き方!

田中みな実さん、実は、以前に眠れない時期があって健康状態がすごく悪くなっていたそう。そこから、睡眠を改善しようといろいろなことをやっているそう。“質の良い睡眠”を目指して、田中さんが実際にやっている改善方法を教えていただきました。

ポイント1「夜ご飯にお肉を食べるなら寝る8時間前まで」

▼夜12時に寝るなら、夕方4時までってことに。。。
▼それ以降に食べてしまうと、寝てる間にお腹が消化して動いちゃうんだとか。
▼しかも、消化するために時間がかかり、朝起きてもだるいという悪循環に。
▼夜ご飯のメニューにオススメなのは、おかゆ、生魚、温野菜など消化にいいもの。極端に言えば離乳食的なものということです。

ポイント2「水出し緑茶」

▼緑茶は、コーヒーより多くカフェインが入っていますが、抽出温度が低いと出にくくなるので、水出しした緑茶はカフェインが少なくなるそう。
▼しかも、水出しだと、「カフェイン」の抽出を抑えながら、「テアニン」という成分を引き出せて、テアニンをとると、ストレスを緩和させたり、良い睡眠をとれるとのこと。

ポイント3「寝る前の、パソコン、スマホをしないこと」

▼ブルーライトが睡眠を妨げるのは有名ですが、睡眠、ひいては美容に悪い。
▼交感神経過剰なまま寝ることになり、副交感神経が働かなくて、歯ぎしりするようになるんだとか。
▼歯ぎしりすると、アタマが張って、エラが張って、顔がどんどん大きくなっちゃうそうですよ。

ほかにも、質の良い睡眠のために・・・
■加湿器を2台稼働させ寝室を亜熱帯のような空間にする
■水を1日3リットル飲む
■ナイトブラはするけど、下は履かない
■適度な運動のためにジム通い
などなど、ストイックにとりくんでいるそうです。

でも、チョコレートが好きすぎて、たまに食べ過ぎちゃうこともあるそう。アナウンサーとして、代役パートナーをしっかり務めつつ、意外な一面もたくさん見せてくれた田中みな実さんでした。

<↓田中みな実さんが睡眠についてアツく語る音声はこちら↓>

<↓「スケスケの○○を履いている」なんていうオープニングトークも聴けます↓>

初の番組本『生活が踊る歌 TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」音楽コラム傑作選』が発売中

生活が踊る歌 -TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』音楽コラム傑作選-