お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

金曜日恒例サラリーマンの声 時計の表示はアナログ派?デジタル派?

森本毅郎 スタンバイ!

マスターズでタイガー・ウッズが優勝しましたね。全米が、いえ、世界が感動した復活劇。私も泣いちゃいました。なにしろ11年ぶりのメジャー制覇ですからね!スキャンダルや成績不振でどん底まで落ちたタイガー。そのタイガーを支えた、ある一つの企業に注目。その企業とは【ロレックス】。おや?ナイキじゃないの?と思いましたか?ナイキはタイガーをずっと最初から支えていましたが、スキャンダル発覚後に大型契約を結んだのがロレックスなんです。昨日の新聞に掲載された全面広告がカッコ良かった!

そこで今日のテーマは【時計】にしました。「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)7時35分からは素朴な疑問、気になる現場にせまるコーナー「現場にアタック」、4月19日(金)は、金曜日恒例のサラリーマンの声。レポーターの近堂かおりが街で聞きました。『時計の表示はアナログ派?デジタル派?あなたはどっちを好んでいますか?』

 

 

★アナログ派ですね!

●「アナログ。デジタルだと数字を読むわけじゃない。例えば12時間表記なのか、24時間表記なのか、12時何分とか、9時何分とかって、基本的には読むよね。それを読むよりは絵で見たほうが速いから。数字を読むんじゃなくて絵で見る感覚。」
●「針、アナログです。パッと絵で分かるから、数字よりもそっちの方が好きかな。」
●「私はアナログですね。デジタルだと数字は分かるんですけど、アナログだと面積比で分かる。もう6時に近いんだよ、とか、5時ちょっと過ぎたよっていうのが分かるんで、細かい値までは必要としない時があると思うんで、それでアナログの方がパッと見れば、あと6時まで何分かなって、数字だとただ数字だけの感覚だけど、近づいてくれば分かるじゃない。そんなんでアナログの方が好き。面積で見るというのはアナログの利点。」

長針と短針の位置でパッと時間が分かるから、【数字を読む】というよりも【絵で見る感覚】なのだそうです。その方が速い、と。あと最後の方のように【面積で時間の感覚を知る】というのも利点ですよね。デジタルだとそうはいかないですよね。

★デジタル派ですよ!

一方、デジタル派の声です。

●「数字がいい。デジタル。ハッキリ見える、間違うことがない。(針だと)時々間違いやすいね、年だから。」
●「オジサンだからアナログですね、でも実際見るのはデジタルのほう、見てるのは。見やすいからね。年取ってるから針がちょっとね、重なったりすると見づらい。で、どうしてもデジタル見ちゃう。持ってるのも、変な話、携帯と万歩計なんですよ。万歩計で時計見てる。デジタル。アナログ人間なんですけど、見るのはデジタル。」
●「デジタル。もうアップルウォッチに替えてからかな、便利だからね。アイフォンと連結してるから、そうなっちゃってますね。今までの時計は全部止めちゃった、今まで時計凝っていたけど、こっちの方が便利、もう離せない。メッチャ凝ってた、嫁はんに怒られるくらい、使わない、もう置いたまま、眠ってますね。僕は思いっきりデジタル派ですね。」

アップルウォッチ!確かに思いっきりデジタル派ですね!今まで使っていた時計はみんな眠っているよ~、とおっしゃっていましたが、10本以上お持ちだそうです。もったいない、という気もしますが、確かに年を取ると目が悪くなりますからね。デジタルはハッキリしてるので間違えない、というのは分かります!

★時計らしくてカッコイイ!

今回伺った中で、実はアナログ派が圧倒的でした!では、一番、多かった声です。

●「針のある方が好き。時計らしい。デジタルの方が安っぽく見えるよね。針の方がいいかな、少し高級っぽい。」
●「アナログ。デジタルだとなんか、ちゃちく感じる。数字が並んでいるのがあんまりイイ感じがしない。」
●「アナログです。カッコイイ気がします。デジタルってなんか、100円のガチャガチャでも出てくる、アナログは出てこないですよね。ロレックスにデジタルはないですよね。」
●「針が付いてるの。だってカッコ悪いじゃん、デジタルで数字が出たら。全然カッコ悪い。そんなの持って歩けない。オシャレじゃない、時計を持つ意味っていうのはファッションしかない思ってる。」

時計らしい!・・・この表現は納得するやら、感心するやら(笑)。でも確かに、ロレックスのデジタル表示って見たことないですね。なるほど!皆さん、【時間を知る】機能よりも、見た目。オシャレの一つなんです。特に男性は時計が好きですよね。

★ステイタス!~どこの何の時計してるの?

最後にこういう声がありました。

●「もちろん、こっちこっち、針の方。慣れてるというか、デジタルの方が見やすいかも分かんないけど、時計と言ったら針の方が秒刻みで見れる、だから、そっちの方が見やすいですね。やっぱ時計っておしゃれ感っていうの、それも絶対あるかな、なんかデジタル表示でしたら、ちょっと安っぽいというか、正直、なんか時計に値打ちがないような、アップルウォッチも買ったんですけどね、やっぱり替えてしまいましたね。時計はこっちじゃないと。おしゃれ感というかブランド感というか、ステイタスみたいのがあるじゃないですか、特に男子は。そこが大きいんじゃないですかね。どこの何の時計してるの?っていう形でよく聞くじゃないですか、そこにステイタスみたいなものを感じてしまう。だからどうしても時計にはお金を掛けてしまう。(何の時計)コレは別に、今日のはアルマーニの時計です。(ステータス)ハハハ、そうことですよね、男子はそうじゃないですかね。」

時計は男のステータスだそうです。そのせいなのか、腕時計を付けている方が多かった!スマホや携帯電話に取って代わられたと思っていましたが、どうしてどうして!ロレックスの広告に【勝利の枠を超え、次世代に力を与え続けるゴルフ界の真のレジェンドを讃えて。これは卓越へのストーリー。ロレックスのストーリー。】とありましたが、針のあるアナログの時計にはストーリーがあるんですね。そういうロマンが捨てがたいのかもしれませんね。

「現場にアタック」近堂かおり

近堂かおりが「現場にアタック」で取材リポートしました。