お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

ゲスト・吉本実憂さん、面白いやつっっ【負傷した線路と月】

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】

先週に引き続き、女優の吉本実憂さんをゲストにお迎えし、小川未明作「負傷した線路と月」をお送りしました。
今回!なんと!!人間が!!いない!!!
という事は…これは面白いやつですね。
とついつい先走って感じてしまうようになりました。
朋子さんはいつも通り生き生きと、機関車は硬いかんじ?オラオラ?クール?
そしたら線路はちょっと情けない子なのかな?箱って……なに…?笑
と様々な想像を巡らせていました。
私のイメージで箱は、海外から送られてくるボロボロの段ボールに梱包テープがぐるぐる巻きにされた状態だったのですが、もう15キロ太らせる?などと見た目だけじゃなく、重さについても話し合っていました。
そしてリハーサルでも、雨と線路、月と機関車などの距離感が伝わるよう、細かくディレクションしていっていました。
空と地面の距離感…
月って見えるし、調べれば384,400km離れてると簡単にわかることですが、実際の感覚では全くわからない世界。
未明が書いた物語、本を読むだけでも想像は膨らみますが朋子さんと吉本さん、2人の女優さんの想像力が加わることで、未明の世界観をもっと身近に感じることができる…。
とても素敵なことですね。
ラジオを聴いて堪能してください♩

by野本ほたる

ピックアップ