お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

パソコン値上がりの危機!頭脳「CPU」が世界中で足りない!

森本毅郎 スタンバイ!

パソコンになくてはならない部品「CPU」について、4月22日TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」(月~金、6:30~8:30)の「現場にアタック」で、レポーター田中ひとみが取材報告しました。

 

「CPU」はすべてのパソコンに使われており、様々な計算を瞬時に行い、各種装置を制御したりデータを処理する「パソコンの頭脳」とも呼ばれてる重要な部品です。そのCPUがいま、大変な事態となっています。まずは秋葉原にある、パソコンパーツ・周辺機器の専門店「ツクモeX」の紅谷達俊さんのお話。

★「CPU」が壊滅的にない

ツクモeX. 紅谷逹俊さん
現在、インテルの主要どころの「CPU」が、生産調整・工場の調整のため、世界中で在庫が少なくなっている。去年の10月〜11月位から本格的に少なくなり、壊滅的にない。本当になくて半年ないようなレベル。今年いっぱいは大変な状況が続きます。パソコンは、1個の部品がないと作れないので、CPUがなくなるととてもとても困る。イメージでいうと、吉野家で肉がなくなるような感じ。市場価格は上がっているが、うちは値段を維持しながら、なくなったら「ありません」という状態。
森本毅郎スタンバイ!

“パソコンの頭脳”というほど重要な「CPU」

森本毅郎スタンバイ!

秋葉原にあるツクモeX.で聞きました

牛丼屋から肉がなくなると聞くとビックリですが、在庫が少なくなっているのは「インテル入ってる」でお馴染みの、アメリカのインテル社が生産しているCPU。インテルのCPUは世界中のパソコンの7割以上に使われていて、その在庫が壊滅的になくなっているということです。

今の時点では、パソコンの値段が上がるなどの影響は出ていませんが、台湾の調査会社は、今年7月〜9月の間にさらに深刻化するという予測を発表していて、今後影響してくる可能性があります。

★インテル、新型CPUの開発に失敗か?

では、どうしてこんなことになっているのか、インテルに何があったのか。この問題に詳しい、ITジャーナリストの井上トシユキさんに聞きました。

ITジャーナリスト 井上トシユキさん
インテルが「新型のCPUを作ります」と2〜3年前から言っているが、なかなか新型が作れていない。「遅れてます」とか、「作れていません」とハッキリ言わないので、各社、他のメーカーの同じ能力のものを代わりに使おうと、一斉にインテル以外のものを使い出したので、今度はそっちが足りなくなってきた。負の連鎖で足りなくなっている。
森本毅郎スタンバイ!

井上トシユキさん

インテルは、2年ほど前から新型の開発に取り組んでいると発表していて、新しく発売されるパソコンには新型が使われる予定でしたが、一向に新型が出ないそうなんです。しかも、新型が出るのか出ないのかハッキリと発表していないため状況がよくわからないそうですが、新型を出す前に、すでに旧型の生産を減らしていたため、インテルのCPU不足が深刻になってしまいました。

そうなると、メーカーは、インテル以外のCPUを使い出しましたが、こちらも品薄に…。そんな悪循環に陥ってしまっています。しかもこれは、日本だけの話ではなく世界的な話なので、今後が心配です。

★iPhoneもインテル製のCPUを搭載

では、CPUがなくなるとどんなことに影響が出てくるのか、詳しく聞いてみました。

ITジャーナリスト 井上トシユキさん
CPUが足りないって言われて、ピンとこない話だと思っていたが、実は、iPhoneの新型のものに関しては「全部にインテルを搭載するよ」と発表されてしまっている。なので、iPhoneの新しいモデルの発表が遅れるという話も出てきている。実はiPhoneまで影響が及ぶかもしれない割と身近な話だということがわかった。

次に出る新しいiPhoneすべてに、インテルのCPUが搭載される予定で、このままCPU不足が続けば、新しいiPhoneの販売時期にも影響が出てくる可能性も…。ちなみに、いま販売されているアップルのパソコンも、インテルのCPUを使っているので、アップルにとって、このCPU不足は大打撃となりそうです。

★Windows7のサポート終了と増税で「買い替えラッシュ」は必至

そしてアップルユーザーだけではなく、今年後半には、Windowsのパソコンを使っている人にも影響が出てくるかもしれません。秋葉原「ツクモeX」の紅谷さんのお話。

ツクモeX. 紅谷逹俊さん
10月に予定されている消費増税の前に買いたい人がいるので、増税前の9月ごろ。そして、来年1月の「Windows7」のサポート終了に合わせてラッシュが確定しているので、そのころにはモノが選べなくなる可能性がある。逆に、今はまだインテルのCPUが買えるので、欲しい方はラッシュが来る前にお早めに。
森本毅郎スタンバイ!

インテルに変わるCPU「AMD RYZEN」を搭載しているPC。
現在の在庫状況は、店舗に直接お問い合わせ下さい

来年1月に、「Windows7」のサポートが終了することがすでに決まっています。それまでに、「Windows10」が作動するパソコンに買い変える必要がある場合がありますが、企業のパソコンだと数十台を変える可能性もあります。パソコンは高価ですから、「それなら10月の増税前に変えた方がお得」という事情で、増税前に「買い替えラッシュ」が起こりそうということです。

その時にインテルのCPUがあるのか、ないのか…。まだ在庫のある今のうちに買っておく、という判断もアリなのかもしれません。

田中ひとみ

田中ひとみが「現場にアタック」でリポートしました!