お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「こんまり」がアメリカでウケた理由をジェーン・スーが解説【Netflixおすすめ作品3選】

ジェーン・スー 生活は踊る

今週の「生活は踊る」は、「嬉しい!困った!なにしよう?ゴールデンウィーク緊急対策本部」と題して、様々な「10連休の過ごし方」を提案しています。

10連休は一気見チャンス!“何しよう?”のあなたは、ネットフリックス三昧がオススメ!


オンラインストリーミングサービス「netflix」の中から、10連休にヒマを持て余しているあなたにジェーン・スーがオススメ!1話1時間未満で気軽に観られる作品を3つご紹介します!

「KonMari ~人生がときめく片づけの魔法~」

「“モノに感謝をする”“家に感謝をする”という日本人にとっては当たり前の考え方にアメリカの人はまずびっくりする。家の乱れは、家族の人間関係の乱れ。こんまりによってそれが変わっていく。家や部屋、ガレージがデカイからモノが多い。ものすごい量のものが片付いていくのが気持ちいい。」(ジェーン・スー)

▼2010年に「人生がときめく片づけの魔法」が世界でシリーズ累計1100万部を越えた“こんまり”こと近藤麻理恵さん。
▼クライアントの家を訪問して、独自の”こんまりメソッド”を伝授し、ときめく空間作りをお手伝い。片づけレッスンを受け、家も人生も変わっていくリアリティショー。
▼原題は『Tidying Up with Marie Kondo』
▼2015年、『Time』誌で「世界で最も影響力のある100人」にも選出。

「クィア・アイ」

「自分自身愛することにとても努力した人たちがアドバイスから共感できる」(ジェーン・スー)

▼5人のゲイの男性たちによる通称「ファブ5」が、悩みを抱える人々を改造し、生まれ変わらせるリアリティー番組。
▼2003年~2007年までアメリカで放送され、エミー賞も受賞した、大人気リアリティ番組「Queer Eye for the Straight Guy」(原題)のリブート版。
▼ちなみに、「クィア(Queer)」とは奇妙な・風変わりなという意味で、そもそもはセクシャルマイノリティの蔑称だったが、現在は当事者自身が誇り高く自称する言葉。

▼「ファブ5」メンバー
・フードとワイン担当のアントニ・ポロウスキ
・インテリア担当のボビー・バーク
・美容担当のジョナサン・ヴァン・ネス
・カルチャー担当のカラモ・ブラウン
・ファッション担当のタン・フランス


人が変わっていく様子に、小笠原アナも思わず涙腺が緩んで・・・

美味の起源 -奥深き潮州(ちょうしゅう)料理の世界へ-

「『世界遺産』の料理版!1本が10〜13分と短く、映像がキレイでとにかく見やすい!」(ジェーン・スー)

▼中国広東省の潮汕などを中心に食べられている潮州料理の魅力に迫るドキュメンタリーシリーズ
▼代表的な料理だけでなく、その歴史や料理人たちも取り上げる。
▼とにかく、ゆるーく見られる!
▼知らない土地で、知らない食材を使って作られる、知らない料理
▼でも、すごく美味しそうでぼーっとずーっと見ていられる。

<↓ジェーン・スーの熱のあるプレゼンを聴けば、観たくなるはず↓>

「netflix」
▼190ヵ国以上で1億3900万人の有料メンバーが利用する世界最大級のオンラインストリーミングサービス
▼オリジナル作品が多いのが特徴
▼月額・税抜き800円から利用できる
▼登録すると30日間は無料で観られます

10連休にぜひネットフリックス、使ってみてはいかがでしょうか!

初の番組本『生活が踊る歌 TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」音楽コラム傑作選』が発売中

生活が踊る歌 -TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』音楽コラム傑作選-