お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】「平成で終わりにしたいマナー」Part1▽鈴木謙介、速水健朗、柳瀬博一、ひらりさ、永田夏来、倉本さおり、矢野利裕、塚越健司、宮崎智之(TBSラジオ「文化系トークラジオLife」2019年4月28日放送分)

文化系トークラジオ Life ニュース版

鈴木謙介(charlie):ササキミチヨ


出演:鈴木謙介、速水健朗、柳瀬博一、ひらりさ、永田夏来、倉本さおり、矢野利裕、塚越健司、宮崎智之

〇今回は平成最後の放送

〇新しい音楽スタイル
・YouTubeで新曲を知るのが普通に(charlie)
・「ずっと真夜中でいいのに。」などの顔出ししないアーティスト(c)
・注目を集めるボカロPたち(c)
 →身体性としてのエンタメとコンテンツとしての音楽の対比(c)

〇charlieの6年ぶりの新刊
・『未来を生きるスキル』角川新書より(c)
 →未来を考える人にかける言葉を協働
  コラボレーションをキーワードに語り下ろす(c)

〇今日のテーマは「平成で終わりにしたいマナー」
・「鋏を渡すときに相手に刃を向けない」はいい加減広まってほしい(リスナー)
・「行」を「御中」に書き換えるマナーは無くなってほしい(リスナー)

〇Lifeパーソナリティとマナー
・「煽り運転はダメ」というコンセンサスの形成(速水)
 →空気でマナーがガラッと変わるのが恐ろしい時も(速水)
・『コミックソングがJ-POPを作った』を書きました(矢野)
・満員電車でリュックを前にするマナーはいつからか(矢野)
 →言われてから急にリュックを邪魔に感じる感覚の変化(矢野)
・「おかしいよね」が言いやすく、
  言ったことがムーブメントになりやすい時代に(塚越)
・理系の女性比率を一刻も早く上げなければ(柳瀬)
・暗黙のマナーは女性やハンディキャップのある人が
 参画することでも変わっていく(c)
・平成のマナーとしての携帯・スマホ(c)
 →食事中にソシャゲをされたくない自分にもモヤモヤ(ひらりさ)
・ピエール瀧逮捕と電気グルーヴの音源配信停止についての署名(永田)
 →自粛はもう平成で終わりにしよう(永田)
 →「先回りして反発されないようにしよう」という浅知恵(永田)
 →社会との関係とマナー(c)

〇マナーから見る社会の形
・サラリーマンはいつからリュックを持ち始めたのか(c)
 →2011年以降自転車が流行った結果、普及した説(宮崎)
・就活のパンプス、会社でスニーカー禁止などのドレスコード(c)
 →ドレスコードがあると楽な人たち、そうでない人たち(c)
・マナーを通じて今の社会の姿が見えてくるかも(c)

〇Life関連アーカイブ
2015/02/22「No Music, No Life?~音楽はいまどう聴かれているのか」
https://www.tbsradio.jp/life/20150222no_music_no_life/index.html

2013/09/28「『ウェブ社会のゆくえ』読書会」
https://www.tbsradio.jp/life/20130928/index.html

このパートでかけた曲
●ヨルシカ “だから僕は音楽を辞めた”(charlie選曲)
●Mr.Children “” (塚越健司さん選曲)

参考資料