お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】「平成で終わりにしたいマナー」Part2▽鈴木謙介、速水健朗、柳瀬博一、ひらりさ、永田夏来、倉本さおり、矢野利裕、塚越健司、宮崎智之、(TBSラジオ「文化系トークラジオLife」2019年4月28日放送分)

文化系トークラジオ Life ニュース版

矢野利裕さん(撮影:ササキミチヨ)

出演:鈴木謙介、速水健朗、柳瀬博一、ひらりさ、永田夏来、倉本さおり、矢野利裕、塚越健司、宮崎智之

〇「先生と呼ばないで」?
・メールの送受信を電話で伝えるなどの不必要な確認は止めたい(リスナー)
 →マナーが人付き合いに必要なものなら尚更(リスナー)
・なぜ漫画家と小説家を先生と呼ぶのか(リスナー)
・実際「先生」と呼ばれることに違和感も(柳瀬)
・「先生」とあえて呼ばせないことでフラット感を演出(永田)
・「先生」を一人称にする/しないのスタンスの違い(矢野)
・「そう呼んでおけば安牌」という発想(c)

〇最近の学校マナー
・今の中高生の「ブラック校則」(矢野)
 →厳しい方が対外的には受けがいい(矢野)
・マナーを説くときに理論武装が必要(矢野)
 →一方でマナーと言った方が理解コストが下がる場合も(矢野)

〇自粛とローカルルール
・小学校の卒業式での袴自粛(c)
 →「みんなが着られないなら禁止に」の日本的コミュニケーション(速水)
・自粛が自主的なものではなくなっている(c)
・運動会の撮影マナー(c)
 →学校ごとにルールが違うので教育実習に行く側は困る(永田)
・SNSで学校の写真はどこまで撮っていいのか(柳瀬)
・ローカルルールと根拠のない自粛(c)
 →無ければ無いで困る人もいる(c)

〇みんなのSNSマナー
・TikTokの学校の動画はその気になれば特定できる(塚越)
・撮影していいのか、ネットに挙げていいのか(c)
・「特定される前提で振舞いなさい」という教員向けネチケット講習(矢野)
・学校のローカルネチケットルールが存在(永田)
・勝手に飲み会の写真をSNSに挙げられたくない(塚越)
・芸能人の写真とSNSルールはどうなっているのか(c)
・芸能人のSNSでのふるまいをみんなが真似る(c)
 →子供の写真を真似して上げたら特定されるのでは(永田)
・過渡期はいつ終わるのか(c)
 →プラットフォームの遷移によってそれぞれ炎上の形も変わる(柳瀬)

     text by 千葉彩佳

〇Life関連アーカイブ

・2012/06/24「ソーシャル時代の“世間”考」
https://www.tbsradio.jp/life/20120624/index.html

・2016/06/26「有名税とのつきあい方」
https://www.tbsradio.jp/life/20160626/index.html

このパートでかけた曲
●細野晴臣 “福は内 鬼は外” (矢野利裕さん選曲)

参考資料