お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

新茶が美味しい季節「朝茶に別れるな」

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

まもなく迎える「八十八夜」。こちらは立春から数えて88日目の意味で、例年5月2日に当たります。わらべ歌の『茶摘み』でも歌われる「新茶の茶摘みが始まる時期」。今週は「お茶にまつわる格言」とともに世界各地で飲まれている「お茶」の特集をお送りします。

「八十八夜」は、季節で言えば春から夏へ移り変わるちょうど節目の日。 夏の準備を行ない「種まき」や「茶摘み」など農作業が始まる頃。農家の人々にとっては昔から大事な目安となっていたようです。

また茶摘みで歌われる「お茶」は、初摘み茶のこと。「新茶」または「一番茶」と呼ばれ、縁起ものとして高値がつきます。末広がりの「八」が重なっているのも喜ばれる理由だそうですが、新茶は、「テアニン」という成分が多含まれ、味もよいので、高値となる、とも言われています。

初摘みの新茶を飲むと1年を災いなく過ごせるとも言われるそうで、今日は番組でも、静岡掛川産の、『朝露』です。『朝露』は渋みが少なく、旨み成分は多め。とろりとした甘みがあり、別名「天然玉露」とも呼ばれるとか。それでいて、お値段はお手頃です。

暑くなるこれからの季節には「冷茶」でいただくのもおすすめです。水出しで作ると、渋みが少なくなりますが、渋みが欲しい人には、お湯で淹れて、氷の入ったグラスに注ぐ方法が、おすすめ。

さて、今日のお茶の格言 「朝茶に別れるな」

・・・意味はそのまま「朝の1杯のお茶は体に良いので毎朝飲もう」です。以前にも紹介しましたが「朝茶は七里帰っても飲め」とか、「朝茶は福が増す」と同じ意味ですね。朝、お茶を飲んで気分もスッキリ。1日を有意義に過ごしましょう。

皆さんも、好きな「お茶」、教えて下さい!

番組ではみなさまからのメッセージをお待ちしています!
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。
ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。