お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

「娘十八 番茶も出花」は、失礼な慣用句?!

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今週は、世界各地で飲まれている「お茶」を「お茶にまつわる格言」とともに、紹介しています。まずは皆さん。こちらの「慣用句」、ご存知ですか?

「娘十八 番茶も出花」

・・・よく耳にする言い回しですが、「若さを讃える褒め言葉」なあんて思っている方も多いのでしょうか。違いますよ!なんとなく「淹れたてのお茶も18歳の女性も素晴らしい」と思ってしまうかもしれませんが、失礼な慣用句でもあるんです。

元々は、「鬼も十八番茶も出花」とも言われていた、この言葉。お茶が最もおいしいのは、やはり若葉で作ったお茶ですが、それに比べ、成長したお茶の葉を原料にしたのが、「番茶」。そもそも「番茶」は、〝煎茶の中で安いもの〟という考え方がありました。そんな粗末な番茶でも、出したて・淹れたては香りが良いことから器量があまり良くない女性でも年頃になれば魅力や色気が出るという意味。

ただし、北海道や東北、北陸では「ほうじ茶」を「番茶」とも呼ぶため、この辺はアバウトにお茶全体、〝おいしいお茶〟のことかもしれません。

さて、今日紹介したのは、ダイエットにもよいとされ、南米ではよく飲まれている「マテ茶」です。
こちらは、緑茶、紅茶、烏龍茶とは異なり「茶の木」の葉や茎を使っていないため細かく言うとお茶ではありません。「モチノキ」の葉や枝を元にしたもので、いわば「ハーブティー」です。ブラジルやアルゼンチンなどの南アメリカでは広く知られた飲み物です。

ポリフェノール類やビタミンやミネラルを多く含み、緑茶に比べ、タンニンやカフェインが少ないのが特徴です。「飲むサラダ」とも言われているそうで、特にパラグアイでは「マテ茶の日」を定めるほど、国民的なお茶と言われています。

皆さんも、好きな「お茶」、教えて下さい!

番組ではみなさまからのメッセージをお待ちしています!
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。
ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。