お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

日本には「お茶にまつわる格言・慣用句」が多数

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

昨日が「八十八夜」。立春から数えて88日目でした。今週は、世界各地で飲まれている「お茶」を、
「お茶にまつわる格言」とともに、紹介していまが、最終日の今日は、「お茶にまつわる格言・慣用句」をたくさん紹介しました。

まず、1つ目は『酒は酒屋に、茶は茶屋に』
意味は、その道のプロに任せろ。専門家に任せるのが一番だ、でしょうか。この番組も金曜日は「プロの仕事」と題して、まさにこの気持ちで、様々なプロの仕事を紹介していますよ。

2つ目『茶は水が詮』
〝詮〟とは、なくてはならない大事な物、肝心な物のことで、おいしいお茶を飲むには、水が大事であるという教え。また、お茶に限らず、物事は基本が大事という意味でもあります。

3つ目『茶の花香より気の花香』
心から大切なお客様をもてなす時は、香り高いお茶よりも「気持ち・気」を込めた対応をすることの方が重要であるということだそうです。

お茶に関する慣用句の多さは、日本人とお茶が近い存在であることを
示していますね。

 

番組ではみなさまからのメッセージをお待ちしています!
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。
ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。