お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

字が下手な人ほど「万年筆」を使うべき

ジェーン・スー 生活は踊る

「万年筆」と聞くと、どんなイメージをお持ちでしょうか?「高そう」「使いづらそう」「手入れが大変そう」と思っていませんか?

「実は万年筆業界は進化していて、『手頃なもの』『使いやすいもの』がたくさん出ているんです!」と教えてくれたのは、銀座・伊東屋で16年間、万年筆を担当している伊藤真美さん。(名字は伊藤ですが、創業者の親類の方ではないそうです)


「自分は字が下手だから」って人でも大丈夫!実は万年筆で書くと、“字の表情”が出やすいので字が上手く見えます!万年筆は「字を書くのが苦手」という人にこそ使ってほしい!(伊藤)

そんな伊藤さんに「初心者にオススメの万年筆・入門の3本」を教えていただきました。

お子さんと一緒にデビュー!1000円で買える万年筆!


▼やっぱり、何を置いても「高い」というイメージがある方は多い
▼そんな方にオススメなのが、1000円で使えるPILOTの「カクノ」
▼ペン先が笑顔のマークになっていたり、カラフルな色展開のキャップだったり、お子さんが最初に使う万年筆として人気。
▼初心者に親切な作りになっているので子どもが使いやすい。もちろん大人も。

組み合わせは200万通り!カスタマイズ万年筆


▼伊東屋がオリジナルで出している「My Mighty」
▼自社の商品で恐縮ですが、「文房具は見た目が大事」派の人にぜひ。
▼その場で好きなパーツを組み合わせてオリジナル万年筆を作れる。
▼ペン先、首軸、同軸、尻軸、キャップ、クリップ、リングなどの8つのパーツをたくさんの色数から選んで、パズルする。
▼組み合わせは200万通り以上、ほぼ自分だけの万年筆が作れるのでペンケースから取り出す度にテンションがあがるはず!
▼ただし、現時点では、昨年オープンした伊東屋の横浜元町のお店のみでの展開。

伊東屋のオリジナル「My Mighty」
価格は選んだパーツによってやや変わりますが、8,000円〜10,000円程度で作れるということです。

めんどくさがり屋のあなたに届けたい!ほぼインクが乾かない万年筆


▼プラチナ万年筆「センチュリー シリーズ」
▼万年筆は「定期的に使うこと」「インクの交換」という作業が絶対に必要で、普通の万年筆は使わないままだと、4ヶ月ほどでインクが乾いてしまう。
▼そう聞くと、「めんどくさがり屋で手入れできない!」という声が聞こえてきますが・・・
▼このプラチナ万年筆は「スリップシール機構」という仕組みで「1年使わなくてもインクが乾かない!」というシロモノ。
▼これなら、万年筆に慣れていない初心者の方でも大丈夫!

プラチナ万年筆「センチュリーシリーズ」
伊東屋では、税抜き13000円で販売しています。

伊藤さんはじめ、伊東屋・万年筆チームの知識を結集した本「万年筆バイブル」が、講談社・選書メチエ から税抜き1,500円で販売中です。
著者名の「伊東道風」は万年筆チームのペンネーム。
こちらの本、書店はもちろん、伊東屋のお店でも購入できるということです。

<↓スペシャリスト伊藤さんのプレゼンを聴くと万年筆が欲しくなる↓>

初の番組本『生活が踊る歌 TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」音楽コラム傑作選』が発売中

生活が踊る歌 -TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』音楽コラム傑作選-