お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ
  • 放送ログ
  • 音声あり

【気象予報士・増田雅昭のススメ!】GW後半に行くならココ!天気を無料で楽しく学べるスポット♪

ジェーン・スー 生活は踊る

5月2日(木)の「スーさん、コレいいよ!」のコーナーには、
「天気が好きすぎる予報士」こと、増田雅昭さんが登場!
史上最大の10連休、ゴールデンウィークも後半戦に差し掛かりました。
「もう、出かける場所がないよ」とか「前半戦でお金を使いすぎた」なんて方も多いのでは?

今回は、そんな皆さんに耳寄り情報!
増田さんに“天気を楽しく学べる・遊べる、おでかけスポット”を教えていただきました。

しかも、取り上げるスポットは、全部タダ!
せっかくの機会ですから、ぜひ、ご家族や友人とおでかけになってみてください!

『気象科学館』で天気予報の舞台裏に迫ろう!

「気象科学館」は、大手町にある「気象庁」の1階に設けられた施設。
気象や地震の観測機器をはじめ、天気予報のしくみ、
緊急地震速報、津波、火山、地球温暖化問題、自然災害に対する防災知識など…
気象に関するパネルや装置が展示されています。
映像などもあって、子どもにも分かりやすい内容!

積雪計で自分の身長が測れたり、
雨粒はどんな形をしているのか、
実際に再現して、雨粒を目の前で見れたり…
お子さんも興味深く楽しめること間違いなし!

そのほか、雷鳴やヒヤッとした風など、
豪雨の前兆を体感できる設備もありますよ。
もちろん、入館は無料!
この連休中も、予約なしで館内を自由に見学することができます。

さらに、土曜日・日曜日及び祝日の開館日には、
2名の気象予報士が説明員として常駐していますので、
「お天気について、なにか質問したい!」という方も、気軽に疑問を解消できます。

「気象科学館」とあわせてオススメしたいのが、「皇居周辺の北の丸公園」

北の丸公園にある「東京」の観測所は、来園者が気軽に見学できるようになっています。
この観測機は何を測っているか分かるように名札がついていたり、
まさにそこで測った観測データが表示されたりもしている。
「おぉ、ここで東京の気温が測られているのか」と、きっと興奮できるはず!

「気象科学館」は東京メトロ「竹橋駅」から徒歩1分、「気象庁」の1階にあります。
開館時間は、午前10時から午後4時まで。
この連休中も含めて、年中無休で開館しています。

『千葉県西部防災センター』で、30メートルの暴風を体験!

「千葉県西部防災センター」は、
災害や災害から守るための情報を、楽しみながら学べる体験施設。

こちらは、インストラクターの方による、館内ツアーがウリ!
1時間~1時間半ほどのツアーになっている。
地震、火災、応急救護などについて学べるようになっているんですが、
おすすめなのが、1時間30ミリの大雨や30メートルの暴風を体験できること。

非日常の激しい現象を体験できて、危険な現象が身をもって学べます。
充実した内容となっていますが、もちろん入館料はタダです。

「千葉県西部防災センター」は、JR「松戸駅」から、歩いて25分ほどの場所にあります。
松戸駅からバスも出ていますので、チェックしてみてください!
なお、開館時間は、午前9時から午後4時半までとなっています。

新たな観測スポット!九十九里浜の『蜃気楼』

「蜃気楼」とは、冷たい海面の上を暖かい空気が流れ込み、
温度差によって光が曲げられると、建物が伸びたり反転したりして見える現象のこと。

日本では、富山湾や石狩湾の蜃気楼が有名ですが、
実は最近、千葉県の九十九里浜でも、観測の報告が積み上がり、
新たな “蜃気楼スポット” として、期待されています。

気温がどんどん上がって、気温差が大きくなる春~初夏は、蜃気楼のシーズンです。
このゴールデンウィーク後半は、穏やかに晴れて、
日中は気温が上がるので、海面との気温差が大きくなりやすい!
したがって、蜃気楼が発生するチャンスも大?!

リスナーの皆さん、ぜひ参考になさってくださいね!

増田さんへの疑問・質問を大募集!

さて、このコーナーでは、お天気にまつわる質問を募集しています。
どんな些細な疑問でも構いませんので、
みなさんが、増田さんに訊いてみたいこと、気軽にお寄せください!
宛先は、番組メールアドレス⦅ so@tbs.co.jp ⦆、
件名に「増田さんへの質問」と書いて、送ってくださいね♪