お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

令和初日、リスナー中継プロジェクト!

ACTION

5月1日(水)の「ACTION」は、ご応募いただいたリスナーの方々に、どんどん中継をつないでいくスタイル!

今時は、携帯電話で簡単に、誰でもレポートできちゃう!早速まいります。

■1人目:43歳のセトリョーシカ
松永:現場のセトリョーシカさん!
セト:こんにちは!松永さん、幸坂さん、セトリョーシカと申します、よろしくお願いします!今、上野のアメ横に来ているのですが、とにかくすごい人ですね。歩くのも一苦労です。年末年始並だと思います。
幸坂:ガヤガヤ聞こえますね。

セト:アーケード全てに『祝!令和』と垂れ幕が掛かっていて、ものすごいお祭りムード一色って感じですね。今、ケバブ屋さんの前にいます。
松永:あっ、ケバブ屋さん!
セト:あっ、美味しいですか?
店員:オイシイヨ。
セト:タルタルはありますか?
店員:エッ?

セト:あっ、ない!分かりました、すみません~!
松永:オラ…

セト:あとは、えっと洋服屋さんがあるんですけど、全部のお店に『令和』と書かれたTシャツやキャップがもう既に売ってまして、さすがアメ横だけあって商売上手な感じしますね。
松永:あぁ~、アメ横のお店って感じしますね。

セト:はい、どこも売ってますね。あと、アメ横名物のチョコレートの叩き売りを今、やっているのですが、1000円でどんどん袋に詰めてもらえるお店なんですが、「令和だよ!令和記念だよ!」とどんどんチョコレートが放り込まれる感じですね。

松永:景気が良いですね~!
セト:雨の中、人々がざわついていまして、外国の方も多くいらっしゃいます。
松永:上野も雨パラついてますか?
セト:雨です、結構ツラいです…。
松永:あっ、それにも関わらずそんなに人がいらっしゃるんですか?
セト:もうめちゃくちゃいますね。
松永:へぇ~。確かにアメ横というのは観光客の方もたくさんいらっしゃいますもんね。

セト:普段通りの外国の方と、令和になったからということで来られた日本の方が混じって、賑やかな、なんか元気が出ますね。

———終了———

松永:非常に素晴らしい!だてに43年生きてない気がしましたね。
幸坂:しかも「タルタル」ってオールナイトニッポンネタでしょ?
松永:ACTION聴いてる人にはわかんない、私信入れてきやがった(笑)
幸坂:すごい!

■4人目:リポート力を松永に見せつける!21歳クレイジークラッカー

松永:現場のクレイジークラッカーさん!

クレ:あっ、はい、こんにちは、えっと、クレイジークラッカーです、松本さ、いや、松永さん、幸坂さん、こんにちは、お願いします。
幸坂:松本さん…
松永:嬉しいです(笑)
クレ:で、今ですね、山形市の桜の名所であるに来ております。で、桜なんですが、ほとんど散ってしまっていて。

松永:やっぱりそうですよね。
クレ:ほぼほぼ緑ということになっていて、辛うじてソメイヨシノだけ半分緑、半分ピンクくらい感じで残っていて。
松永:あ~、でも残ってるんですね。
クレ:でですね、桜は散ったあとも城の周りの堀にちょっと水が張ってあって、その表面に桜がバァ~って散らばって、絨毯みたいになることがあるんですが、さっき見てみたら、先日雨が降ったせいで、花びらが沈んでしまって、普通の水面でしたね。
松永:そうなんだ…。

———終了———

松永:令和感のなさ…。
幸坂:桜リポートでしたね。
松永:喋りなれてない感がね。
幸坂:頑張ってるのは伝わりしたね。
松永:普段、人とコミュニケーションを取ってない、ラジオリスナーならではの喉で喋ってる感じなのを俺は好意的に受け取りましたよ…

■5人目:ブスだ3日で慣れろ

松永:現場の、ブスだ3日で慣れろさん!

ブス:はーい!松永さん、幸坂さんこんにちは!私は今、都内にある某病院の肛門科から中継しております。私が何故、こんな場所にいるのかというと、実は私、平成と共に“THE END”、つまり痔を手術するために、ゴールデンウィーク前日の4月26日に入院致しまして、現在もまだ入院中です。
松永:クッ…

ブス:病室なんですけど2人部屋なんですが、同じ部屋のもう1人が退院しましたので、現在実質1人部屋で、看護師さんにこの病室での電話の許可は取っておりますので、現在は入院中の病室からリポートしております。許可は取っておりますので、炎上案件呼ばわりはご遠慮くださいませ。
松永:はい…(笑)

ブス:そして今日から令和ということですが、皆さまお察しでしょうけど、私はもちろん、令和に元号が変わった瞬間は、肛門科の病室で迎えました。消灯時間を過ぎていましたので、ばっちりぐっすり眠っておりましたので、カウントダウンはしておりません。病院食も通常通りで、看護師さんとの会話の中で、「令和になったね~」というのもなく、令和感ゼロの通常営業のようです。病院内ってそんなもんなんでしょうかね?

ブス:さらに、私のお尻情報もレポートしておきますと、手術前は私のお尻に痔が一つではなく「二郎系ラーメンかな?」というぐらい増し増し状態でしたので、当時は「お尻でねずみ花火が暴れているのかな?」と思うような痛みがあったんですけど…
松永:この野郎め…(笑)

ブス:手術も済んで、お尻はちょっぴり腫れ気味に、心はとっても晴れやかに。術後の痛みもなく、めちゃくちゃ元気にしております。あまりに元気なので、今月9日には眉村ちあきさんとCreepy Nutsさんのツーマンライブにドーナツクッション持参で伺う予定です。

松永:来るんかい!
ブス:現場からは以上です。

———終了———

松永:こいつも深夜ラジオリスナーだな、一般社会で通じるタイプの…(笑)
幸坂:テーマアトラクションの説明を聞いてるみたいでしたね。
松永:完璧すぎて、漫談聞かされてるみたいでしたけど…。

今回は8名のリスナーと、TBSラジオキャスターの田中プロで。ほどよくヒヤヒヤする、みんなのリポートは、radikoのタイムフリーで!

リスナー中継プロジェクトhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190501162755

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)