お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「こどもの日目前! 元気ハツラツ、キッズソウル特集」(高橋芳朗の洋楽コラム)

ジェーン・スー 生活は踊る

音楽ジャーナリスト高橋芳朗さんによる洋楽コラム

「こどもの日目前! 元気ハツラツ、キッズソウル特集」

こどもの日目前! 元気ハツラツ、キッズソウル特集http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190503123353

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

【ジェーン・スー】
高橋芳朗さんの著書にして初の番組本、『生活が踊る歌〜TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」音楽コラム傑作選』に関するメールが届いています。江東区の「ワタッカー」さん。「アトロクリスナーのラジオネーム・ワタッカーです。今日から少しの間ですが、遅めのゴールデンウィークが始まりました。アトロクで高橋さんにメールを読んでいただいたお礼に『生活が踊る歌』の本を買おうと思ったのですが、近所の書店3軒、すべて在庫切れ。番組本はあまり売れないという僕のイメージが完全に壊されました。すみません、完全にナメてました。ナーメテーターです。本日、大きい書店にて購入しようと思います」とのことです。ありがとうございます。

【高橋芳朗】
ワタッカーさん、ありがとうございます!

【ジェーン・スー】
「かぜきち」さんからもメールをいただいております。「スタジオ、賑やかで連休っぽくて聴いていて楽しいですね。いま『TBSラジオPRESS』を見ています。初めて高橋芳朗さんにお顔を拝見しました。たくさんの音楽知識、たまにメモったりしています。『生活が踊る歌』、いま手元に来るのを待っています」と。ありがとうございます。

【高橋芳朗】
ありがとうございます! かぜきちさん、注文していただいたのかな?

【ジェーン・スー】
『生活が踊る歌』、おかげさまで売れに売れております。お近くの書店になかったときはぜひ注文していただいて。

【高橋芳朗】
オンライン書店では品切れになっているところが多いんですけど、その際はぜひ最寄りの書店で注文していただけますと。よろしくお願いします!

生活が踊る歌 -TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』音楽コラム傑作選-

【ジェーン・スー】
では高橋さん、本日もいってみましょう。

【高橋芳朗】
本日はこんなテーマでお送りします! 「こどもの日目前! 元気ハツラツ、キッズソウル特集」。明後日のこどもの日、そして『生活は踊る』毎年この時期恒例の託児所スタイルの放送にちなんでのキッズソウル特集です。ジャクソン5など、子供たちが歌う元気いっぱいのソウルミュージックを4曲お届けしますね。まずはキッズソウルファンのあいだでジャクソン5に次ぐ人気を誇るシンガー、フォスター・シルバーズの「Happy Face」を。1973年の作品です。フォスター・シルバーズは1962年生まれ、カリフォルニア州出身。この曲をレコーディングしたときは11歳でした。

M1 Happy Face / Foster Sylvers

Happy Face
【ジェーン・スー】
11歳とは思えない表現力ですね。

【高橋芳朗】
うん。キッズソウルといっても年齢的にはだいたい11歳から13歳ぐらいが主流になるんですけど、次に紹介するのはなんと4歳。

【ジェーン・スー】
4歳!?

【高橋芳朗】
そう。ファイブ・ステアステップスの「New Dance Craze」、1967年の作品です。ファイブ・ステアステップスはファミリーで構成されたシカゴ出身のグループで、この曲には家族の最年少、キュービーくんが大々的にフィーチャーされているんですよ。4歳にしては結構歌えてると思います。

M2 New Dance Craze / Five Stairsteps & Cubie

New Dance Craze
【高橋芳朗】
ここでキッズソウル好きの方におすすめのコンピレーションを2作品紹介したいと思います。アメリカのヌメロ・グループというマニアに定評のあるレーベルから出ているアルバムです。まず1枚は『Home Schooled: The ABCs of Kid Soul』。そしてもう1枚が『Afterschool Special: The 123s of Kid Soul』。共に素晴らしい内容ですが、ここではこの後者の方、『Afterschool Special: The 123s of Kid Soul』から1曲かけてみたいと思います。キャッシュの「I Love You Still」。1978年の作品です。キャッシュはオハイオ州クリーブランドで結成されたボーイズトリオ。リードボーカルのジミー・フレミングくんは当時13歳でした。キッズソウルの知られざる名曲で、これまで紹介した2曲に比べるとグッとモダンな仕上がりになっています。

M3 I Love You Still / Cash

AFTERSCHOOL SPECIAL : THE 123'S OF KID SOUL
【ジェーン・スー】
声がすごい大人だよね。

【高橋芳朗】
曲調自体もアダルトですよね。それでは最後、最後はやっぱりこのグループのこの曲で締めたいと思います。ジャクソン5の名曲「I Want You Back」。これを1970年8月にカリフォルニアで行われたライブバージョンで。リードボーカルのマイケル・ジャクソンは当時11歳でした。

M4 Introduciton〜I Want You Back (Live) / Jackson 5

Live at the Forum
【高橋芳朗】
というわけで以上4曲、今回は5日のこどもの日に合わせてキッズソウルを特集してみました!

―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ――
当ラジオ番組では「日々の生活に音楽を」をコンセプトに、音楽ジャーナリスト・高橋芳朗さんによる洋楽選曲を毎日オンエア。最新1週間のリストは以下です。

4/29(月)

(11:08) Rikki Don’t Lose That Number / Steely Dan
(11:22) New Kid in Town / Eagles
(11:34) Alone Too Long / Daryl Hall & John Oates
(12:11) Love Me Tomorrow / Boz Scaggs
(12:20) You’re Kind / Paul Simon
(12:52) ロスアンジェルス大橋Uターン / センチメンタル・シティ・ロマンス

4/30(火)

(11:08) Rock Steady / Aretha Franklin
(11:22) Seeds of Life / Harlem River Drive
(11:35) Funky Nassau / The Beginning of the End
(12:15) Young Gifted and Brown / Joe Bataan
(12:24) Potent Love / The Impressions
(12:52) Coffy Baby / Roy Ayers

5/1(水)

(11:35) Get It On / T. Rex
(11:45) Oh My My / Ringo Starr
(12:20) All The Way from Memphis〜メンフィスからの道〜 / Mott The Hoople
(12:50) True Blue / Rod Stewart

5/2(木)

(11:03) In France They Kiss On Main Street / Joni Mitchell
(11:36) Mexico / James Taylor
(12:19) Nightingale / Carole King
(12:24) Tin Man / America
(12:52) やさしさに包まれたなら / 荒井由実

5/3(金)

(11:07) Before I Let Go / Maze featuring Frankie Beverly
(11:22) Sugar and Spice / Luther Vandross
(11:33) What’s On Your Mind / Cheryl Lynn
(12:09) Can You Find the Time? / Champaign
(12:18) Fate / Chaka Khan