お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

10連休の疲れは「そら豆ごはん」で解消しよう!

ジェーン・スー 生活は踊る

毎月「旬の食べ物を簡単に美味しく食べる方法」を教えてくれる、料理研究家の浜内千波先生。今日は「そら豆」でした!

そら豆で疲労回復!

・そら豆は、4〜5月が出荷の最盛期。
・たんぱく質、ビタミンB1が多い為、疲労回復にぴったりの食材なんです!また、カリウムも多く含んでいるので、むくみを気にしている人にはおすすめ!
・「新鮮なそら豆」を見分けるポイントは・・・
「色」・・・緑が鮮やかなもの。
「見た目」・・・ふっくらと弾力があり、リズム良くしっかり粒が揃っていて、細くないものを選びましょう!

調理のポイントは「お歯黒」

・調理をする際、「お歯黒」がポイントになります。この「お歯黒」に切り込みを入れてから茹でるのがポイント!お歯黒が黒いと、少し時間が経っているもので、緑色だと、若いものとなります。
緑のもの→黒の順番でゆでましょう。茹で時間の目安は、3分くらい。茹ですぎに注意!ちなみに、緑のものは、皮ごといただけます!

色鮮やかな「そら豆ごはん」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

材料は・・・(4〜6名分)
・そら豆 1袋(300g) ・米 2合 ・塩 小1強 ・水 目盛りまで ・ハム 2枚
作り方は・・・
1、そら豆は、さやから外して、薄皮を取り、実を2つに割っておく。
2、米は洗って水気を切り、釜に入れて塩を入れ、2合の目盛りまで水を張る。
3、微塵切りにしたハム、“そら豆の薄皮”を入れ普通に炊く。
4、炊き上がったら、実を入れ5~7分ほど蒸らし、全体を混ぜていただく。
※“そら豆の薄皮”は、お好みで食べてもOK!

「みんな注目!!ハムの旨味とそら豆が合って美味しい!!」

ちなみに・・・実は冷凍できます。その場合は、サヤから外して保存。なるべく早めにいただきましょう!

次回の浜内先生のご出演は、6月3日月曜日!来月もおたのしみに♪

ピックアップ