お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

金曜日恒例サラリーマンの声 あなたは今の景気をどのように感じていますか?

森本毅郎 スタンバイ!

トヨタ自動車の売上高が30兆円を超えました。これは日本企業として初めてのことだそうです。30兆円、すごい額ですね。純利益は24%減・・・とはいうものの、それでも景気の良い話には変わりありません。他にも、大企業の35.7%が、今年度、新入社員の初任給を、前年度より引き上げました。つまり、初任給アップ!悪くない話ばかりですが、現実はどうなのでしょうか?そこで・・・。

「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)7時35分からは素朴な疑問、気になる現場にせまるコーナー「現場にアタック」、5月10日(金)は、金曜日恒例のサラリーマンの声。レポーターの近堂かおりが『あなたは今の景気をどのように感じていますか?』をテーマに街でみなさんに伺いました!

 

 

★良いですよ!

●「仕事柄今は良い。建築関係です。周りを見てもらうとクレーンがたくさん建っていると思います。昭和の時代の建物とかが色々新しい開発で建物が建っている、あとはオリンピックもありましたし、良いには良い。」
●「そんなには良くないのかなと思いますけど、徐々に上がってきてるんじゃないですかね。仕事関係の取引先の生産台数が少し増えているような感じがあります。少しずつ明るくなっているような気がします。商社なんですけど、海外から色んなものを輸入してお客さんに販売しています。」
●「感覚的には悪くはないんじゃないですか。色々とオリンピック景気みたいな部分もあると思いますし、新しいビジネスチャンスみたいのも出ているとは思うんで、IT関係です。仕事の問い合わせみたいのが多いんですよ。こういう事がしたい、こういう物が欲しいとかっていうのが多い、そういう意味では世の中としては良いんじゃないのかな。」

お話を聞いていると、上向いてる感じがします。人が動いている、モノが動いている感じがしますよね!オリンピック特需があるんですね!!

★良くはないよね~

一方、逆の声です。

●「良くないですね。商売もそんなにいかいないし、簡単には値上げも出来ないし、なかなか買ってもらえないし、かなりではないですけど、やっぱり厳しいですよ、利益がなくなってきますから。飲食業です。」
●「そんなに良いとは言えないんじゃないですか。今勤めている職場もやはりそんな景気良くないし、赤字までとはいかないけども厳しいですよね。そういう事態が続いてますから、どうしても良いとは言えない。販売、農産物関係です。」
●「あまり良くないと思います。給料があまり上がらないんで。ベースがやっぱり、昇給率っていうのがあるんですけど、それがあまり上がらないという感じがココ数年出てます。製造業です。」
●「あんまり良くなっているとは思わない。企業投資とか、僕、外資系のコンサルティングの会社なんですけど、そういうコンサルティングの案件も今ないですし、やっぱり、そういったものに使うお金っていうのがどこの企業さんも持っていないんじゃないですかね。あんまりお持ちじゃないじゃないですかね。

先ほどの声とは違って、厳しいですね。

皆さん、【良くはない】という表現を使っていましたが、【悪い】という表現ではないことが救いかもしれません。悪かったら、悪いっていいますもんね!

昨日お話をうかがった中では、【あんまり良くはないよね】と感じている方が多かったです。

★米中貿易摩擦の影響が・・・

そんな中、こういう声がありました。

●「決して良くないと思っています。少なくとも去年レベル、18年レベルに比べたら悪いですよね。注文とか結構、みんな抑えられてきてますよ。去年がちょっと過剰だったのかもしれませんし、それから、もう1コはアメリカと中国のアレがあるのかもしれません、抑えられてきてる感じは。やっぱり中国がああいう風になってくると注文のほうが来なくなってきますよね。内需拡大のほうに持ってくるしかないから、電子部品です。」
●「分野によって違うと思うんですけど、スマホ半導体分野は悪いですよね、今ね。スマホが全然売れていないので、それとは逆に自動車分野は電子部品が増えていっているので好調だと思いますよ。両方ともやっています、材料を販売させていただいてます。自動車側は良くなってきてます。スマホ側がかなり落ち込んでいます。やっぱり、今、米中の貿易摩擦が起きているんで中国での市場がかなり落ち込んでいます。中国メーカーのやつしか使わないとかってもう始まっているので、リンゴのマークの会社とかは大変だと思います。」

米中貿易摩擦の影響が出てきている。両者とも電子部品を扱っている会社ですが、中国の動向が気になるところ。中国が自分の国の部品しか使わない!となると、かなりの痛手!!なのですが、それがもう始まっている実感があるんですね。

米中貿易摩擦だけではなく、色々な要素が重なってスマホ関係はかなりの落ち込み。ですが、自動車関係の電子部品は好調。今、流れは電気自動車。それに伴い、電子部品は5倍から10倍増えるそうで、中長期計画が立てやすいと、言ってました。

★米中貿易の25%関税はヤバい!!

最後に、こういう声がありました。

●「足元は悪くないです。今ちょうど会議をやってきたんですけど、この業界、ウチの業界でいうと、上期は良いけど下期は怖い。中国とアメリカの、みんなヤバいと思っている。悪くなる、ほぼ確実にみんな悪くなると思っているので怖い。今は悪くないです、上期というか、もうちょっと危なくなり始めましたけどね。先週の日経に載っていたでしょ。どっかの企業が中国からの受注が6割落ちたって、それがもう物の流れに動きだしたんですよ。皆ちょっと減産に入り始めるのでヤバいっていう。鉄の業界です。世界的にガードがかかったので色んな鉄の動きが止まる、特に中国が、中国だけじゃなく中国とインドネシアとマレーシアの自動車が悪い。もうそういうところに出てきたので、自動車はたくさん鉄を使うので危ない、国内は工作機械はダメでしょ、建機もダメ、中国へいっぱい売ってるんですから、そういった意味ではもう危ないねって会話に。今回はちょっとヤバい、特に10日から本当に25%の関税やったらヤバいことになると思いますけど。足元は悪くないというのがスッと出たのはちゃんとボーナスも今年は出たので。」

戦々恐々です!米中貿易摩擦の影響を懸念する声が、結構ありました。そのせいで先行きが見えないから不安という声も。今の話を聞いただけでも【ヤバい】感じがしますよね。米中貿易摩擦の影響の大きさを実感するお話でした。【ヤバい】状況にならないといいのですが・・・。

「現場にアタック」近堂かおり

近堂かおりが「現場にアタック」で取材リポートしました。