お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

アラン・ドロンが教えてくれた人生のレッスン~ 岸惠子さん

コシノジュンコ MASACA

2019年5月12日(日)放送
岸惠子さん(part 2)
女優、文筆家。1957年に結婚のためフランスに渡って以来、日本とフランスで女優として活動。また、海外での豊富な経験を活かして、作家、ジャーナリストとしても活躍しています。

JK:ご自分で、これはマサカ!というような思い出話を教えてください。

岸:語りつくせません! 私にはマサカがいっぱいあって。

JK:3日も4日もかかっちゃうわね。では、一番のマサカを。

岸:それは、思いがけなく女優になったこと。私、女優になるつもりなんて全然なかったんです。作家になりたかったんです。小学生から。

JK:小学生から作家になりたかったの?! すごいわね。

岸:書いてましたよ、童話みたいなの。

JK:その時のもの、残ってます?

岸:いやぁ、家が焼けたんですよ。第2次世界大戦で。横浜は9月22日に焼けてしまって。松の木に登って家が燃え尽きるのを見てましたけど……山手公園のあたりに住んでまして、母はお隣に赤ちゃんがいたので助けに行って。「惠子ちゃん、あなた一人でも大丈夫ね? 公園の角の松の木で待ち合わせて、そこではぐれたら山手公園で」って、母が行っちゃったんです。でも母がにこっと笑ったので、しょうがないと思って。ずっくりと濡れた布団をかぶらされて逃げて行った……もう阿鼻叫喚の地獄でしたよね。そしたら、公園の石段にきれいな若い人が座っていて、動かないの。でも防空頭巾が燃えてるんですよ。「逃げなきゃだめでしょう!」って肩をゆすったら、そのまま石像のように私のほうへ倒れて。もう死んでいたんです。

JK:……そんな思い出があったの!

岸:髪の毛がめり込んで、焼き縮れていたんです。私、動けなくなっちゃって。そしたら、腕章を巻いた大人の人が助け起こしてくれて。「子どもが一人で何やってる! 子どもはみんな防空壕だ!」ってずるずる引きずられて。急ごしらえの横穴防空壕に放り込まれた。でも急ごしらえだから、養生はしてなかったんです。私はここにいたら死ぬ、と思って、みんなが止めるのも聞かずに地獄の中に飛び出したんですよ。それで、私だけ助かったんです。

JK:えっ、防空壕は?

岸:土砂崩れと爆風で、ほとんどすべての人が亡くなりました。一人で勝手に動いて、結局は山手小学校の校庭に入ったとたんに講堂に直撃弾があたりまして……本当にひどい目に遭いました。何にも持ち出していないんですよ。

JK:お母さまとは?

岸:爆撃があった直後に、黒い煙だか赤い炎だかわからないけれど、母が赤ちゃんを抱いて現れて……すごいでしょう。何にも持たずに出てしまったから。12歳までの写真は1枚もないんです。

君の名は 第2部 [DVD]

JK:岸さんといえば『君の名は』ですよね。

岸:私、あれはミスキャストだったと思いますよ(^^;)

JK:あれは当時、“真知子巻き”っていうのがファッションで一世を風靡してましたよね。

岸:あれはねぇ、監督さんが嫌がったんですよ。(北海道の)美幌峠に行ったときに、東京はまだ暑くて、襟の空いた夏服を着て行ったんです。そしたらあちらで雪が降ってきてしまって。寒いから、襟を隠すために、自分で持って行ったパリ製の極細で編んだ真っ白いきれいなスカーフをかぶったんですよ。そしたら大場監督が、「なんだか着物を着てた真知子さんが急にカチューシャみたいになっちゃったから、ちょっとそれはまずいから止めてくれ」っておっしゃって。外したんですけど、雪がどんどん降ってきちゃって、しょうがなくてかぶったら、流行っちゃった(笑)

JK:偶然ですね! マサカ!

岸:もっと最近のことになりますと、パリでイランのパーレビ国王がいらして、パリのど真ん中で右腕だった人が暗殺されたんです。それが1984年2月7日午後2時。私はちょうどそこで待ち合わせがあったんです。暗殺されたのが2時10分。私はそこのパーキングスペースにいつも車を停めていたんですが、その日は長電話があって20分遅れたんですよ。そうでなければ、私は暗殺の現場にいたわけです。もしかしたらと思うと……電話がかからなかったら。その2カ月後にイランに単身行ったんです。

出水:……それは取材で?

岸:知りたいと思って。自分の無知に対する興味なんですよね。なんでこんなに3000人も殺す人ができちゃったのか。それで行きたくて行ったんです。それは「砂の国へ」というルポルタージュ・エッセイに書きました。でも日本の人は興味がないですよね、そういうことに。

JK:ヨーロッパや中東の出来事って遠い感じですよね。

岸:だから今日本が問題にしているのは、韓国とか北朝鮮とか近場でしょう。でも、いろんなことが地球の上では起こっているんですよ。そういうマサカはいーっぱいあります。

出水:新著の中には普段の生活の出来事も書かれているそうですが、意外にもおっちょこちょいな一面がおありなんですね(^^)

岸:直ぐ転んだり、何かがあるとイランに行ったり、イスラエルに行ったり。まぁ行動力と言ってくれる人もいるでしょうけれど、まず行動してしまう。『孤独という道連れ』というのは、何回もエッセイに書いてるんです。私は孤独を道連れにしているわけです。だって、離婚したのが41歳ですから。私、バツイチって言われるの嫌なんです! マルイチだと思ってるから(笑)

JK:マルイチ(^^)

岸:だって、結婚は1回しかしてませんし、完結した結婚ですから。なぜバツイチというの?と思ってしまうんですけど……この出版社の社長が、「あなたはすぐに時事問題を絡ませて書いてしまって、日本の人はそういうものに興味がないんですよ」とおっしゃる。自分の晩年の……もうじき死ぬとはおっしゃらなかったけど(笑)、晩年の生活を書いてくれとおっしゃったので、ドジな話がいっぱい出てくるんです(^^)。

JK:だけどパリも長いですよね。

岸:長いですね。今86歳になってしまったんですけど、24歳の時に来ましたから。

JK:アラン・ドロンさんとも近所だったんですよね。

岸:あの方はいろいろとクセがありますけど……いろんな歳の取り方があると思うんですね。歳をとったほうがいい顔になる方もいるじゃないですか、とくに男性は。アラン・ドロンがあるとき、自分のお墓を見せたんです。「僕は女にモテた、群がってくる女たちにいろんなことを教えられて感謝している。でもみんな死んでしまった。たった1人になってしまった」って。別荘みたいなところに連れて行ってもらった時も、お庭に石ころがいっぱい立ってるのよね。それは35匹だか39匹だか、愛犬のお墓なんです。「この隣に僕は埋めてもらうんだ」って。そんな侘しいことをさらっと言ったところがいいなって。

JK:あの方って、スターなのにいつも1人ですね。

岸:私は1人じゃないときをいっぱい知ってますけど(笑)2人も一緒に住んでたこともありましたよ。

JK:ご近所だったら、いろいろ私生活も知ってるわよね(^^)

岸:私の娘と彼の息子が同じ学校だったんです。私が離婚するときには薬を届けさせてくれましたよ。「フランスで離婚するのは大変だから」って。結婚は紙一枚にサインすればいいけど、離婚はその当時協議離婚が認められていなかったんです。ケンカをしなきゃいけなかったんです。私はそういうことをするのは嫌な潔い女でしたので。そしたらアラン・ドロンが、運転手さんに栄養剤をいっぱい持たせて「これから長いことかかる。裁判は大変だから、これを飲んで元気をつけなさい」って届けてくれた。そういうところはすごくよかったですね。

JK:フランス映画の素晴らしい典型的なスターでしたよね。

岸:目がきれいでしたね。ブルーというかグリーンというか。いいことも言いましたよ、本の中にも書きましたけど、「俳優の中には2種類あって、コメディアンとアクターがいる。コメディアンはそれなりの勉強をして、役をもらったら研究をするタイプの役者で、アクターは、アクシデントだ」って。街を歩いていたら、ルネ・クレマンに声をかけられて、「君は君のままでいい、君の歩き方で、君の話し方で話せばいいんだ」と言われて、『太陽がいっぱい』で世界的にあたってしまった。「だから僕は、あの殺し屋の少年を演じてはいない。生きたんだ」って。そこは私と考えが同じなんですよ。

太陽がいっぱい 【特典DVD付2枚組】

岸:「僕はいつも、何をやってもアラン・ドロンだと言われる。それは当然だ、どんな役が来ても僕は演じていない。アラン・ドロンで生きてるんだ」って。ちょっと素敵だと思いません?

JK:ねぇ~! 俳優さんって普通、作られたというか、自分ではない役柄を演じるものだからね。

岸:そりゃあ上手い人はいっぱいいますよ。ちょっと差別されるのよね、お芝居畑から来て芸の積み重ねをした人たちと、ぱーっと『君の名は』でスターになっちゃったのとは。蔑視されるところがあるんです。それはしみじみ自分で感じてるし、アラン・ドロンもそのことを言っているんです。アラン・ドロンこそ世界的なスターになっちゃうと違いますけどね。

JK:フランス映画で一番好きだった人と言えば、アラン・ドロンだわよね! ここに描いてある絵はジャン・コクトー?

岸:ジャン・コクトーのお屋敷の絵を描かれたんですよね。あの方も素敵な方でしたよ!

=OA楽曲=
M1. 太陽がいっぱい / ニーノ・ロータ

「コシノジュンコ MASACA」
TBSラジオで、毎週日曜17:00-17:30放送中です。ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。