お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

第2回パリ五輪で驚愕の競技「鳩撃ち」

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

来年の、東京オリンピック・パラリンピックまで、あと1年ちょっと。近年は、夏のオリンピックは、7月や8月の真夏に開催するイメージですが、1900年、パリで行われた2回目のオリンピックは
きょう5月14日に開幕したそうです。しかも、開催期間が長いんです。1900年の、5月14日に開幕して、閉会式は5ヶ月後の10月28日。パリ万博と一緒に開催したので、なが〜くなっちゃったそうです。

では、1900年のパリオリピックは、どんなものだったのでしょう。

参加したのは、19カ国と、まだまだ少なく、日本も参加していません。実施した競技の数も、16しかありませんでしたが、非公式のものも含めて、今のオリンピックにはない競技があったんです。その珍しい競技を紹介しましょう

▼その1「消火活動」
非公式の種目ではありますが、消防士をプロとアマチュアに分けて、「消火活動」の技術を競ったようです。

▼その2「大砲発射」
パリの街中に、きっと大きな音が響き渡ったでしょうね。驚きです。

▼その3「綱引き」
こちらは第2回のパリ大会から第7回のアントワープ大会まで、陸上の種目として実施されました。当時はルールが整備されておらず、パリ大会の時は6人制、1908年のロンドン大会では8人制と、ばらつきがあったそうです。ちなみに、パリ大会ではスウェーデンとデンマークの合同チームが優勝しました! 強そう!

▼その4「鳩撃ち」
鳩を的にして撃つという競技でしたが、非難殺到で、パリ大会だけの競技となったようです。

その他にも、セーヌ川を泳ぐ「男子200メートル障害水泳」や魚釣りなどもあったと言われています。なお、万博の一部として開催されたパリオリンピックですが、4年後のセントルイス大会も、万博の一部として、行われました。オリンピックの位置付けが今と違ったのかもしれませんね。なお、日本が参加するようになったのは1912年のストックホルム大会からだという事です。来年の、東京2020大会。楽しみですね。

 

 

番組ではみなさまからのメッセージをお待ちしています!
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。
ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。