お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】理想的な腸内環境とは?善玉菌・悪玉菌・日和見菌の割合(木村郁夫×中澤有美子)2019年5月・第3回「腸から始まる健康ライフ」2019年5月20日分

腸から始まる健康ライフ

東京農工大学大学院准教授の木村郁夫先生と中澤有美子さん

毎月、消化器を専門とする医療関係者、研究者をゲストにお招きして、
腸内環境の整え方や、腸の病気など、腸に関する健康情報をご紹介します。
腸にいいコトがギュッと詰まった10分間!耳から服用する整腸剤のような番組です。

5月のゲストは、東京農工大学大学院・農学研究院准教授の木村郁夫(きむら・いくお)先生 です。

2019年5月20日は、理想的な腸内環境/バランスを保つには食事の種類が重要をテーマに伺いました。

*「善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7」のバランスが理想的な比率と言われている。
*日和見菌が悪玉菌に加勢しないように、善玉菌の量を一定に保ち、悪玉菌の勢力を抑える必要がある。
*成人の腸内細菌は「バクテロイテデス門」というグループに属する善玉菌を好む日和見菌が多いと言われている。
*バクテロイテデス門の細菌が食べ物を分解すると排出される短鎖脂肪酸が脂肪細胞に働きかけると脂肪の取り込みが止まり、肥満を防いでくれる。

【今月放送した内容・音声配信】
5月06日放送 代謝とは何か?
5月13日放送 代謝と腸内環境との関係/痩せている人と太っている人の腸内フローラ

【今後の放送予定】
5月27日放送 腸内環境改善のカギとなる短鎖脂肪酸