お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

第20回 リベットボタンの “人と人を繋ぐ創作活動” で地域を照らすお仕事とは?

ハツデンキ

皆さん、こんばんは!
地域を元気にするプロジェクトを発信し、地域に光を当てる、
“発電機”のような活動をしている方をゲストにお迎えし、
そのユニークな視点や取り組みについて、お話を伺う番組「ハツデンキ」!
第20回目のゲストは・・・シンガーソングライターのリベットボタンが登場です!

「なんか変な感じ〜(笑)リベちゃん!!なんと今日は、身内です!(笑)」と、
MC山口さんからの紹介があった通り、“リベちゃん”ことリベットボタンは、
TAN-SUに所属するシンガーソングライターでありイラストなども手がけるアーティスト。
まさにTAN-SUの「代名詞」と言える存在なのです!

今回は、数々の地域を元気に照らしてきたリベットボタンの創作活動について
改めてお話を伺っていきたいと思います!

まずは、「リベットボタン」という名前の由来から。
「リベットボタン」とは、ジーンズのポケットの端に打ち付けられている鋲のことで、
生地や縫い目を補強したり、生地と生地をつなぎ合わせる役割をになっています。
「小さいけど何かと何か、人と人を、つなぎ合わせられるようなアーティストになりたい!
という理由があるんです」とリベットボタン。

そんな、リベットボタンが一番力を入れているのは地域を盛り上げる音楽活動!

「彼女は音楽だけでなくイラスト、さらには動画までも作ってしまうんですよ。
まさに 音楽とイラストを組み合わせた“創作活動”です!」と、MC山口さんもその多才ぶりを力説。

この番組「ハツデンキ」のロゴデザイン、それからオープニング曲『よりみち』と
エンディング曲『1・2・3』もリベットボタンが手がけているのです。

もともとTAN-SU MC山口さんとの出会いは、高知県日高村の観光PR事業「オムライス街道」の
応援ソング作りのプロジェクト。
ちょうど応援ソングを担当するアーティストを探していた山口さんが発掘したのが、
ダイアモンドの原石のようなリベットボタンだったのですね〜〜〜!
しかも二人は野田市出身という運命的な出会い!

リベットボタンにとっては「地域」のために音楽を創る初めての経験。
日高村に届けた応援ソングを村中の人が口ずさみながら踊る光景を目にした際にはとっても感動し、
村の一体感や人と人との繋がりを生み出す歌のチカラを本当に実感したのだとか!!

こうして、小さい子からおじいちゃんおばあちゃんにまで愛される日高村「オムライス街道」の
応援ソング『トマトの神様』を、なんと今日は生歌で披露していただきました〜〜〜!

リベットボタンの生歌、いかがでしたか〜〜〜?

「かわいい〜!やさしい歌声で癒されますね〜!!」と山本アナ。

PVでは村の人たちと一緒に踊っているのですが、
なんとこの振り付けは日高村の保育園の先生たちが考案してくれたのだそうです。
「リベットボタンの音楽は地元の方が参加して創るパターンが多いんです」とMC山口さんの解説。
歌のコンセプトだけでなく、創作の工程も、人との繋がりや一体感を大切にしているのですね〜!

また、昨年リベットボタンが取り組んだ新潟県立高田高校 安塚分校の分校応援ソングも、
“みんなで創る音楽”の事例のひとつ。

校長先生が直々にリベットボタン宛に、熱いオファーを届けたことがきっかけとなり、
文化祭に向けて、分校同士をつなぎ、生徒の一生の思い出になるような音楽を創る
プロジェクトが始動したそうです。

「1年かけて1曲を製作しました!」とその苦労を語るリベットボタン。

歌詞は生徒の皆さんが考え、リベットボタンがつなぎ合わせてひとつにしたそうです。

先生も生徒も一緒になって形になった特別な応援ソング『明日への架け橋』。
この曲は、卒業式でも歌われ、その歌詞は卒業アルバムの“表紙”に掲載されたそうです!
学校の歴史に名を残したのですね!

続いて、リベットボタンの手がけたキャラクター「ベジパンズ」の話題に!
ベジパンズとは、「パンツを履いている野菜たち」のこと!
トマト、トウモロコシ、にんじん、かぼちゃなどなど、
カラフルなパンツとほのぼのとした野菜の表情が愛くるしいキャラクターなんです。

ある日、野菜の収穫体験をした夜、野菜の落書きをしていたリベットボタン。
「掘り起こした野菜が、なんか寒そうだな!って思って(笑)パンツを履かせてみようかな(笑)と」
パンツを履かせた理由が、なんとも微笑ましい!(笑)以上、「ベジパンズ」誕生秘話でした!

このかわいらしいキャラクターたちが、なんと商品化されることが決定しました!
8月31日(やさいの日)に、「お弁当カップ」として全国のスーパーで販売されるのです!!
お弁当カップといえば、おかずを詰めるのに欠かせないとっても便利なアイテムですよね。
「子どもの野菜嫌いを少しでも無くしたい」というコンセプトと、
「家族のコミュニケーションのきっかけを作りたい」という想いから、
楽しい仕掛けが詰まったカップのようですよ。
お弁当作りをされているリスナーの皆さん、ベジパンズお弁当カップの販売をお楽しみに!

ここで、もっとリベットボタンの音楽を聴きたい!というリスナーの皆様へ改めてご案内です。
5月25日(土)世田谷区・二子玉川 で開催される
TBSラジオLove family campaign 2019「famday~家族と過ごす日」のイベント内で、
リベットボタンがミニライブで登場します!
先ほどの「ベジパンズ」もいよいよお披露目!お楽しみに〜!

さて、いよいよ最後の質問です!

リベットボタンの「発電の素(もと)」=「ハツデンキ」は何??

リベットボタンのお答えは、「家族」!
初めて応援ソングを作った日高村では、「(リベちゃんは)家族みたいなもんだよ」と
言ってもらえたことで、地域の人々と深く関わる感動を覚えたというリベットボタン。

「家族のような温かい出会いを大切にしたい」という気持ちが、
リベットボタンの創作の源なのですね。
それから、「家族」はリベットボタンの作品のテーマでもあり、
「家族のコミュニケーションのきっかけになったらいいな」という願いが込められているのです!
こうして生まれたリベットボタンの音楽たちは、
家族の枠を越え、地域の人々を繋いでいるのですね。リベちゃんらしい回答でした!

MC山口さんからみた“リベちゃん” は「ピース力!」の持ち主!
周りを優しくしてくれるような温かい音楽やイラストたちを生み出す
リベットボタンは “ピース=平和” をつくってくれる存在なんですね。

これからの活躍がますます楽しみです!

ということで、本日のゲストは、リベットボタンでした!
これからも、 “人と人を繋ぐ創作活動” で、地域を照らす“ハツデンキ”としてご活躍ください!

次週の「ハツデンキ」は5月18日(土)!
どんな方がゲストで登場してくださるのでしょうか?
次回の「ハツデンキ」に、どうぞ、お楽しみに!

【リベットボタンライブ情報】
TBS radio Love family campaign 2019「famday~家族と過ごす日」

TBS radio Love family campaign2019 「famday~家族と過ごす日~」