お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

TOYOTA、新型スープラを発売!!

TBSラジオキャスターリポート

 

TBSラジオキャスターの加藤奈央です。

 

加藤奈央
TBSラジオキャスター
歌舞伎、宝塚、ミュージカル。エンターテインメント大好き。
よく観て、よく喋り、よく旅に出て、よく食べます。
(担当番組/ニュース、神奈川県警、ほか)

「TOYOTA GAZOO Racing」が展開するスポーツカーシリーズの
『GRスープラ記者発表会』に行ってきました!

私もTBSラジオカーとしてTOYOTAのハリアーにはいつもお世話になっていますが、
このGRスープラは世界の道で鍛えた運動性能をもったスポーツカー!!

往年の人気のスポーツカーです。

●「新型スープラ」17年ぶりの復活!

TOYOTAは「新型スープラ」を5月17日より、全国のトヨタ車両販売店を通じて発売しました。

1978年から発売が始まったスープラは、採算性など様々な理由のため2002年で生産を終了していましたが、今回2019年に17年ぶりに復活です。
スポーツカー好きのみなさんの待望とあって、会場には全国のスープラオーナーやメディアがたくさん。

私は、普段ラジオカーを運転していながらもスポーツカーの知識はあまりなかったのですが…
プロモーションの動画を見て、一気にそのクルマの魅力に引き込まれてしまいました!

電気自動車などエコな車への関心が高まる中でも、これまでにTOYOTA GAZOO Racingというレースチームで蓄積してきた知見やノウハウを注いだモータースポーツを通じて人とクルマを鍛える「もっといいクルマづくり」に取り組んできたTOYOTAが、お客様に心から走りを楽しんでもらえるクルマ「GR Supra」として新たに誕生したのです。

画像は抜粋版。動画には豊田章男社長、レース出場時には”モリゾウ”という名前を使っているのでこの記者発表会でも「うちの”モリゾウ”がテスト走行をして~」なんて、ごく自然にニックネームのように使われていました。「Supra is Back.」というキャッチフレーズは豊田章男社長ご本人が書いたそうです。

●TOYOTA GAZOO Racingアドバイザーの脇坂寿一さんの登場

GRスープラ記者発表会にはTOYOTA GAZOO Racingアドバイザーの脇坂寿一さんが登壇。
また、TOYOTA GAZOO Racing Campanyプレジデントの友山茂樹さん、同エグゼクティブバイスプレジデントの大塚友美さん、スープラチーフエンジニアの多田哲哉さんも一緒に、開発までのドラマを聞かせてもらいました。

この新型スープラは、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初となるグローバルモデル。
市販車として販売されるほか、ドイツのニュルブルクリンク24時間耐久レースへの参戦、NASCAR参戦、SUPER GT参戦と、GRの今後のレーシング活動を担っていくクルマにもなります。

その開発は平坦ではなかったようで、社内でも「非効率なクルマはもうつくらない」風潮に悩まされそう。
しかし、モータースポーツの現場、とくにアメリカでスープラの人気を体感したチームが諦めずに「スポーツカーにもっと興味を持ってもらいたい」という思いを持って、実現させました。社内でもいつからか応援してもらえるようになっていきました。

“モリゾウ”も、ドイツのニュルブルクリンクまでテスト走行をしに来てその走りを確かめたGRスープラ、どれだけの人の思いや技術が継承されているかと思うと芸術品のようです!

そして、クルマに乗っている側である脇坂さんや会場のスープラーオーナさんが一番喜んだのは、スープラの部品・パーツが再び手に入るようになること。
スープラが2002年に生産を終了してから、オーナーさんは愛車の修理の際に自分でパーツを修理工場などに作ってもらいながらメンテナンスをしなければならたかったのです。新型スープラの誕生で、パーツも生産されるので、これまでのスープラも大切に維持できるなんて一石二鳥ですね。

ちなみに、TOYOTA GAZOO Racing Campany友山プレジデントご自身も1997年のスープラをお持ちで、発表会に並ぶ車の中になんと愛車を展示されていました。
かっこいい~!!

●心から楽しい走りを、あなたも!

今回、新型スープラは、BMW社との包括提携による初めての商品であり、マグナ・シュタイヤー社グラーツ工場(オーストリア)で生産しています。
海路にて運ばれた後、トヨタ自動車元町工場を経由し、日本中のお客様にお届けします。

また本年度生産分24台限定の特別なカラー“マットストームグレーメタリック”は、複雑な塗装工程が必要なため抽選で販売されます。
友山プレジデント「マットはTOYOTA初です」とのこと。抽選の申し込みは5月17日(金)から始まっていて、6月14日(金)までのおよそ一カ月間。Web限定です。

心から楽しい走り、あなたもいかかですか??

●おまけ

この発表会で私がいちばん心を打たれたのは、友山プレジデントのこの言葉。
『クルマの持っている楽しさをマキシマイズする。そしてクルマの持っているマイナスイメージ、事故や環境問題といったものをミニマイズして限りなくゼロにしたい』

予防安全機能も気になる昨今、開発している側の熱い想いに感動。胸がいっぱいになりました。
私たちを行きたい場所まで連れて行ってくれるクルマに、ありがとうを言いたくなります(T_T)

スープラのマットカラー、最高にクールですよね。
私はやっぱりこの色に決めました!(←正しくは、乗るならこの色に「したいと決めました」ですね…)

世界の道で鍛えた運動性能は、日常的な乗り方でもクルマを操る楽しさを感じられるチューニング。
先進の予防安全機能もあるので、私も試乗したい♪