お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり
  • PR

村尾信尚さん、キャスターとして、「より短く、より優しく、より静かに」を心がけた12年間。曰く「難しい言葉を優しい言葉に直す『翻訳能力』が日本のメディアに問われている」

有馬隼人とらじおと山瀬まみと

毎週金曜日朝8時30分から11時まで放送中の「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」
有馬隼人とらじおと山瀬まみと

5月24日は、日本テレビ「NEWS ZERO」の元メインキャスターで関西学院大学教授の村尾信尚さんを迎えました。

12年間にわたり「NEWS ZERO」でキャスターを務め、日本テレビの「夜の顔」としておなじみだった村尾さん。大蔵省(現在の財務省)出身で、退官後、知り合いの誘いでテレビ番組のコメンテーターとして活躍後、「NWES ZERO」のメインキャスターとして日々のニュースを伝えてこられました。

「しゃべりのプロ」ではないからこそ、とかく難しくわかりにくいニュースを嚙み砕いて伝え、視聴者の皆さんの心に届けようと、「より短く、より優しく、より静かに」を心がけていたそうです。
番組で話す原稿は全て自分で書き、わからなければ、放送直前にいろいろな方に電話を掛けて情報を収集していたそうです。

番組では、村尾さんがこだわって取材し、現地へ足を運んだ、東日本大震災による福島第一原発の事故のことや、財政再建について、日本のメディアのあり方など、いろいろとお話しいただきました。

詳しくは、radikoのタイムフリーでどうぞ。下記から、5月31日(金)までお聴きいただけます。

村尾信尚さんの新刊「B級キャスター」は、来週の水曜日・5月29日に 小学館から発売されます。本体価格は1400円です。
村尾信尚さんのこれまで、「NEWS ZERO」のエピソードが満載の一冊。ぜひ、お買い求め下さい。
ご本のお問い合わせは、小学館  電話:03 5281 3555 までどうぞ。

有馬隼人とらじおと山瀬まみとゲストと 2019年5月24日(金)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190524100000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)