お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

ブラジルのスラム街を撮り続けて10年。写真家・伊藤大輔さんのバイタリティが溢れまくってる

アフター6ジャンクション

カルチャー界の一流キュレーターに厳選情報を聞く「カルチャートーク」では…写真家の伊藤大輔さんをお迎えしました!

▼伊藤大輔さんは…

・1976年、宮城県仙台市生まれ。
・明治大学卒業後、1年間のサラリーマン生活を経て、スペイン、バルセロナの写真学校で2年間写真を学んだのち、中南米を2年間放浪。2004年頃より、ブラジル・リオデジャネイロのスラム街にて、写真家としての活動を開始。
・2016年に帰国。活動拠点を日本に戻し、リオでの生活の集大成となる初の作品集『ROMÂNTICO(ホマンチコ)』をイースト・プレスより発売しました。

ブラジルの「ファヴェーラ」(貧民街、スラム)で家族と共に生活しながら写真家としての活動を続けられていた伊藤さんですが、不法居住者たちが占拠する危険地帯として認知されていた街のため、安易に人にシャッターを向ける行為は非常に危険。

では、いかにして伊藤さんはブラジルの市井を写真に残していったのか? 約10年間、死と隣り合わせに思えるファヴェーラでの生活を続けた中で、印象的だった出来事など、熱量タップリに伺いました。

TBSラジオ『アフター6ジャンクション』は月~金18:00~21:00生放送。
FM90.5MHz、AM954kHz、PCやスマホならradikoでも。
聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。
■番組メールアドレス:utamaru@tbs.co.jp
■番組公式twitter: @after6junction
■Instagram:after6junction
■参考:前身番組「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(タマフル)」HP