お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

踏み間違えてもブレーキが利く「ストップペダル」 ナンキ工業・南平次さん

久米宏 ラジオなんですけど

TBSラジオで毎週土曜日、午後1時から放送している「久米宏 ラジオなんですけど」。
5月25日(土)放送のゲストコーナー「今週のスポットライト」では、自動車のブレーキ踏み間違い事故を防止する「ストップペダル」を開発した「ナンキ工業株式会社」代表・南平次(みなみ・へいじ)さんをお迎えしました。ストップペダルは、間違えてアクセルを踏み込んでもブレーキがかかる装置です。

会社をたたんで「踏み間違い事故防止」


南さんは1939年、富山県氷見市生まれ。高校を卒業すると集団就職で上京。百貨店勤務、燃料店経営を経て、埼玉県川口市に会社を構え、自動販売機の取り付けや飲食店で使われるビールサーバーを設置・メンテナンスする仕事を30年以上やってきました。

2010年、71歳を迎えようとしていた南さんはそろそろ会社をたたむ頃かもしれないと考えるようになっていました。そんなある日、テレビの特集で、ブレーキとアクセルの踏み間違いによる自動車事故がとても多いことを知ったのです。それで、それまでの仕事を一切やめ、踏み間違い事故を防ぐ装置の開発に取り組むことを決めたそうです。

「2010年10月19日の『クローズアップ現代』(NHK)を見とってね、こんなことを放っておいて、どうして誰も作らなんだろうと思ってね」(南さん)

「これをなんとかしなきゃいけないということで、どのような考えからお始めになったんですか?」(久米さん)

「もう単純なんですけど、要するにアクセルを踏んだらそのままブレーキがかかればいいんじゃないかという発想で。そうすれば解決するということです」(南さん)

アクセルを踏んだままブレーキがかかればいい


人は不測の事態に陥ったときに頭が真っ白になります。何も考えられなくなると、普段なら簡単にできていること…ペダルを踏み替えることができなくなってしまいます。その結果、ひたすらアクセルを踏み続けてしまうのです。「踏み間違いは防げない。踏み間違えたときに修正するのも難しい。それなら踏み間違えても止まるような装置を作ればいい」というのが南さんの設計思想です。

南さんがすごいのはその発想もさることながら、それを実現する仕組みもすぐに思いついたというところ。南さんは「簡単なことです」と笑いますが、それがなかなかできないからみんな苦労するんですよね。南さんはテレビを見た翌日からすぐに試作を始めたそうです。下の写真は開発を始めた初期の試作機。基本的な仕組みは最新モデルも同じだそうです。


「ベタ踏み」以上でブレーキがかかる


ストップペダルはどのような仕組みになっているのでしょうか。南さんが改良を重ねた最新モデル(下の写真)で見てみましょう。最初はブレーキもアクセルも踏んでいない状態(1枚目の写真)。ここからアクセルを深く踏んでいくとあるところでカチッと止まります。これが市販の自動車で目一杯アクセルを踏み込んだ、いわゆる「ベタ踏み」の状態です(2枚目の写真)。日常の運転でここまでアクセルを踏み込むことはそう多くないと思います。でも踏み間違い事故のようなケースではベタ踏み以上にペダルを踏んでいます。ペダルを踏み替える冷静さを失って、ブレーキペダルのつもりでアクセルをさらに強く踏み込もうとするからです。ストップペダルは、アクセルをベタ踏み以上に踏み込むとブレーキペダルが引っ張られる仕組みになっています(3枚目の写真)。ブレーキペダルには触れていませんがアクセルと一緒に踏みこまれて、ブレーキランプが点灯しています。




ストップペダルはベタ踏み以上に踏み込んだときに初めてブレーキが働くものなので、通常の運転には差し支えないそうです。高速道路の合流や急な坂道での発進で踏み込んだときに突然ブレーキがかからないか不安な場合もあるだろうということで、南さんは「加速モード」という装置も開発しました。このスイッチを入れるとストップペダルの機能は解除されて、普通の車と同じ状態になるそうです。

さらにストップペダルは、アクセルをベタ踏み以上になったときにブレーキが利くのと同時に、アクセルもニュートラル(アクセルを踏んでいない状態)に戻るようになっているのです。う~ん、すごい。

布団に入ると夜中にアイデアが


それにしてもストップペダルの開発を始める9年前まで、自動車の専門知識も機械製造の技術もなかったとは思えませんね。しかも70歳にしてゼロからのスタート。にもかかわらず、南さんはわずか2年で国内の特許を取得。海外の特許もいくつも取っています。そして毎年のように改良を重ねていて、いまでも夜、布団に入るといろいろなアイデアが浮かんでくるそうです。そんなときな夜中でも突然飛び起きて図面を引き、翌朝、すぐ試作に取りかかるのだとか。

「もう9年間、毎日こんなことばっかりやってるんです。寝ても覚めてもずっとこのことばっかり考えてるんですよ(笑)」(南さん)

現在、埼玉県と岡山県の2つの企業の協力を得て、ストップペダルの製品化が進められています。

南平次さんのご感想


まず、こういったところでお話させていただいたことは、私としては宝です。公共の放送でこうやって取り上げていただいたということはストップペダルをみなさんに分かっていただけるいいきっかけになると思って、感謝しています。このシステムの機能そのものはこれでいいと思っているので、課題は普及のほうです。

今日はいい経験をさせていただきました。ありがとうございました。

「今週のスポットライト」ゲスト:南平次さん(踏み間違い事故防止「ストップペダル」開発)を聴く

次回のゲストは、編集者・ライターの岡部敬史さん


6月1日の「今週のスポットライト」には、ユニークな本を企画して作っている編集者・ライターの岡部敬史(おかべ・たかし)さんをお迎えします。「引っ張りだこ」「試金石」「几帳面」といった言葉の由来となった〝実物〟を写真つきで紹介した「目でみることば」シリーズや、関東と関西、昭和と平成の違いなどを写真で紹介した「くらべる」シリーズなどを出版しています。


2019年6月1日(土)放送「久米宏 ラジオなんですけど」http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190601140000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)