お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

『戦場のメリークリスマス』たけしさんが語った撮影秘話

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

1983年の今日5月28日。日本とイギリス、オーストラリア、ニュージーランドの4カ国の合作映画『戦場のメリークリスマス』が公開されました。

おなじみの曲ですね。舞台は、第2次世界大戦での日本軍捕虜収容所。極限状況での男達の出会い、そして愛を描いた傑作と言われています。監督は、すでに世界的な名声を得ていた大島渚。キャストには、こちらも世界的アーティストのデビッド・ボウイ、さらに坂本龍一、ビートたけしという豪華かつ異色の配役が話題となり、国内外の多くの賞を受賞することになります。

坂本龍一さんは「イエロー・マジック・オーケストラ」のメンバーとしてワールドツアーを開催するなど知名度はありましたが俳優は未経験。『戦場のメリークリスマス』出演がきっかけのひとつになり、坂本さんは、1987年の映画『ラストエンペラー』にも出演。

そして、ビートたけしさんです。当時は、漫才ブームを経て、マルチな才能を発揮し始めた時期。のちにみずから映画監督としてメガホンを取るようになったのも、この『戦場のメリークリスマス』の影響があったことでしょう。あとから考えると、奇跡的な組み合わせとなった作品です。

当時、ビートたけしさんはラジオの深夜放送を担当していて、撮影に参加したウラ話を披露していたこともあり、ラジオを聴いていた世代にとっては懐かしい話かもしれません。

虚実とりまぜ、おもしろおかしくエピソードを語った武さん。
たとえば・・・
「大島監督は、トカゲに(演技はじめの合図)キューを出した」
「南の島での撮影のため日本食は貴重な中、坂本さんは、差し入れの、うな重が、自分の分だけなかったため、涙をこぼした」などなど。

日本の軍隊を描いていたことから、日本人キャストも多く出演、先日亡くなった内田裕也さんのほか、ジョニー大倉さん、室田日出男さん、内藤剛志さんも出演しています。すごい作品ですよね。

 

 

番組ではみなさまからのメッセージをお待ちしています!
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。
ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。