お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

温泉のある道の駅って知ってた?

ジェーン・スー 生活は踊る

2019年5月29日の「生活は踊る」。初登場、道の駅・車中泊研究家の浅井祐一さん!

【プロフィール】
浅井さんは、キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしています。キャンピングカーで車中泊しながら、全国1147か所の道の駅を制覇。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。

なぜ道の駅に詳しくなったのか?
昔から「キャンピングカーで日本中を旅したい」という夢があった。その目的のためには、道の駅の存在はとても魅力的に感じられた。車中泊をしながら道の駅をすべて巡れば、自然と日本一周が達成されるから。 今からおよそ5年前の2014年3月、その当時の1014箇所の道の駅走破を目指して旅に出たのが始まり。

「これからの季節にもぴったり!おすすめ道の駅」というテーマで「グルメ」、「温泉」、「絶景」に絞って3箇所ご紹介いただきます!

道—1グランプリ優勝のグルメがここに!栃木県・茂木町の道の駅「もてぎ」

まずは、「グルメ」に注目して絞ったおすすめの道の駅。栃木県芳賀(はが)郡・茂木町にある道の駅「もてぎ」。こちらのおすすめが道-1グランプリ優勝のグルメ。道-1グランプリは、年に一度の道の駅グルメの祭典。47都道府県、1145駅の道の駅のなかから20駅の看板グルメが一同に会し、来場者の投票で王者を決定する。そんな道-1グランプリで3年連続グランプリを受賞中なのが「ゆず塩ら〜めん」。

オリジナルのゆず果汁、ゆず塩、鶏と豚の合わせスープを使ったラーメン。640円「もてぎ」はほかにもゆず推しがすごい。「ゆずジャム」「ゆずドレッシング」「ゆずしお」「ゆず酢」「柚子ポン酢」・・・。

さらにおすすめが手作りアイスコーナーにある「おとめミルク」。栃木県は「とちおとめ」の栽培が盛んで茂木町も例外ではない。(12月〜5月末まで)310円。「ツインリンクもてぎ」も近いので、ぜひ!

栃木県・茂木町にある道の駅「もてぎ」。車・バイクでのアクセスは、常磐自動車道 「水戸インターチェンジ」よりおよそ50分。北関東自動車道「真岡(もおか)インターチェンジ」よりおよそ40分。営業時間など詳しくは、道の駅「もてぎ」のHPで。

源泉かけ流しの湯に入れる道の駅!長野県・富士見町の「信州蔦木宿」

長野県諏訪郡富士見町にある国道20号の道の駅「信州蔦木宿」。道の駅「信州蔦木宿」でおすすめなのが「温泉」。源泉掛け流しの温泉「つたの湯」は、大浴場、源泉風呂、ジャグジー、サウナのほか露天風呂もある。ただ源泉風呂が混むので、タイミングを見計らいながら。あと、大浴場のお湯に比べてぬるいが、長時間入ると湯あたりするとの注意書きが。休憩室が大きいのもオススメポイント。100人まで入れて、持ち込みOK。また信州といえばそばも。源泉風呂と手打ちそばを食べて、休憩室でくつろげば最高。
車・バイクでのアクセスは、中央自動車道「小淵沢(こぶちさわ)インターチェンジ」からおよそ6分。詳しくは、道の駅「信州蔦木宿(つたきじゅく)」のHPで。

日本一標高が高い道の駅からの眺望は抜群!長野県・上田市の「美ヶ原高原」

標高2,000m 日本一高い位置にある道の駅「美ヶ原高原(うつくしがはらこうげん)」 ここの売りは何と言っても眺望長野県茅野市から、上田市の美ヶ原高原美術館に至る全長およそ76 kmの観光道路「ビーナスライン」の終点に位置する。屋内外に彫刻と美術品のある「美ヶ原高原美術館」が隣接している。
晴れていれば、北・中央・南アルプス、秩父、八ヶ岳、立山連峰、富士山など360度のパノラマが見られる。駐車場は800台を停められる。
道の駅「美ヶ原高原」に到着するまでにも見所がたくさんある。道の駅は、2階建になっていて、1階は特産品を販売するショッピングスペース。2階は展望レストランでの食事が楽しめる。

営業日は、4月25日(木)〜11月10日(日)(期間中無休)営業時間は 9:00~17:00。詳しくは道の駅「美ヶ原高原」のHPで。