お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

星野源×宇多丸の音楽談義。星野流の音楽制作論を深堀する【POP VIRUS解体新書・決定版】

アフター6ジャンクション

様々な文化の研究・発信・そしてさらにその先を目指す「ビヨンド・ザ・カルチャー」。5/28は… 「星野源×宇多丸 POP VIRUS解体新書」特集!

星野さんは2019年1月29日の当番組「ビヨンド・ザ・カルチャー」にご出演。大ヒットを記録した通算5枚目のアルバム『POP VIRUS』について深く伺いましたが…3月27日には『POP VIRUS』と前作『YELLOW DANCER』が、重量盤・2枚組仕様のアナログレコードとして限定生産され、これまた記録的なセールスを記録!

商業的にも批評的にも大成功をおさめた歴史的1枚のPOP VIRUS。ではその制作にはどのような思考は働いていたのか?この作品の「養分」になった音楽とは?そして星野流の楽曲制作論とは…?

制作中に「効いてきた」曲を紹介しながら、宇多丸とミュージシャン同士の音楽談義!


アルバム「POP VIRUS」に効いてきたのは…

「POP VIRUS」
●美空ひばり「江戸の闇太郎」
●illa J「Timeless」

「Pair Dancer」に効いてきたのは…
●細野晴臣「プリオシーヌ」
●Kanye West「ノー・ミステイクス」

「恋」※延長戦としてその日の「星野源のオールナイトニッポン」で紹介されました
●細野晴臣&ティン・パン・アレー『ファイアークラッカー』

●Michael Jackson『Rock With You』

ほか、話題にあがったアーティストは…
●フライング・ロータス
●ザ・バンド
●ウィルコ
●マック・ミラー
●トム・ミッシュ