お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

和菓子「水無月」は、「氷」を表現していた!

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

四季折々の色や形で、目を楽しませてくれる和菓子。
ケーキですとか、現代の和風スイーツでしたら、旬のフルーツで季節を感じさせてくれますが、伝統的な和菓子は、基本的に、見た目で季節を感じさせてくれます。

6月。
和菓子屋さんのショーケースに並ぶのは「水無月」。
三角形に切った白い外郎生地に、アズキをのせたシンプルなお菓子です。
季節に応じて、花や動物をかたどったものをつくる和菓子の世界ですが、この水無月は何をかたどっているか、といいますと、それは「氷」。
室町時代、旧暦6月1日は「氷の節句」と言われ、この日になると御所では 氷を口に含んで暑気払いをしていました。当時は、気温の低い地下などを利用してつくった「氷室」という場所に氷を保管していて、「氷の節句」には、ここから取り寄せたものを、宮中の貴族や家臣に配ったそうです。

「氷室の氷を口にすれば、夏痩せしない……」

そう言われていましたから、誰もが氷を食べたいところ。
でも、そう簡単には手に入りません。
そこで庶民は、氷をかたどったお菓子をつくり、それを食べるようになったのです。

「手に入らないなら、それに代わるものを作っちゃえ!」

そんな庶民の創意工夫が、この「水無月」というお菓子を作ったんですね。
しかも、いまでは、「氷の代用品」ではなく、「初夏の風物詩」として、堂々とお店に並んでいるといるわけですから、すごいことですよね。

さて、和菓子の「水無月」。
暑気払いを願って作られたものですが、人々がかけた願いは、それだけではありませんでした。
旧暦の6月末、「夏越の祓」という神事があるときにも、この水無月を食べたそうです。
「夏越の祓」は、1年のちょうど折り返し地点ということで、半年分の罪や穢れを祓い、
残り半年の無病息災を祈願する…というもの。新暦になった今でも、6月末にこの神事を行う神社が多いそうです。

うーん……半年分の罪や穢れですか。
人間生きていれば、あんなことやこんなこと、いろいろありますもんね。
今月の終わりに「水無月」を食べながら、いったんぜーんぶ祓ってしまいましょう!

番組ではみなさまからのメッセージをお待ちしています!

おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。
ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。