お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

50歳男性・元新橋のカラスさんの俺の5つ星『珍花の焼きそば』のエピソード。[伊集院光とらじおと内]

俺の5つ星

50歳男性・元新橋のカラスさんの俺の5つ星『珍花の焼きそば』

大学を出た私が営業として新橋の本社に配属になった25年ほど前、お昼になると先輩たちにいろいろなお店に連れて行ってもらいました。その中でも忘れられないのが「珍花」という中華料理屋さんです。漢字で書くと、「珍しい」に草花の「花」だったと思いますが、もしかすると、「ちんか」の「か」は、中華の「華」だったかもしれません。場所は新橋の烏森口から出て、西口商店街を真っ直ぐ進み、商店街から少し入った所にありました。
このお店で忘れられないのが「焼きそば」です。普通のソース焼きそばとは違い、麺が茶色く乾いていて、見た目も食感も輪ゴムのようでした。初めて見た時はなんじゃこりゃと思ったのですが、しかし食べてみると麺自体に味が染み込んでおり、気付くとムシャムシャと完食していました。その焼きそばは私のランチの定番になり、食べている途中でカラシを付けたり、お酢をかけたりと味を変えるのがいつもの食べ方でした。
しかし、その後、お店があった一帯は再開発が行われ、周りにあったお店とともに無くなってしまいました。同じ会社で働いていた妻と、あの味を再現しようとするのですが、真似することができません。ネットで同じ名前のお店は見つかるのですが、それらしいお店は見つかりません。なにかご存知の方は教えてください。

50歳男性・元新橋のカラスさんの俺の5つ星『珍花の焼きそば』に関する情報を募集中! [投稿フォームへ]


2019年6月4日O.A.

50歳男性・元新橋のカラスさんの俺の5つ星『珍花の焼きそば』

●パーソナリティー:伊集院光
●アシスタント:竹内香苗
●調査員:ナオデストラーデ

 

ピックアップ