お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

耳が聞こえない「ろう」をテーマにした映画祭を、今押さえておくべき理由

アフター6ジャンクション

カルチャー界の一流キュレーターに厳選情報を聞く「カルチャートーク」では…「東京ろう映画祭」実行委員会代表の牧原依里さんをお迎えし、『第2回 東京国際ろう映画祭』のご紹介をしていただきました。

牧原さんは、耳がきこえない「ろう者」のため、手話通訳者の蓮池通子さんに、牧原さんの日本手話を読み取って日本語に通訳していただきました。

▼牧原さんは、「東京ろう映画祭」実行委員会 代表。映画作家。

▼2016に公開された、ろう者の“音楽”をテーマにしたアート・ドキュメンタリー映画『LISTEN リッスン』では、雫境さんと共に、監督を務められました。

▼2018年には、劇場公開の映画『ヴァンサンへの手紙』の配給・宣伝を担当されています。

生まれつき耳の聞こえない牧原さんは、以前、イタリアのローマに旅行で行って際に、たまたま見た「ろう映画際」を見て(ろうに関する映画をろうの監督が撮っていた)みんなが感想を言いあっている様子が新鮮で、自分で映画祭を日本で作ってみようと思ったそうです。

そのような背景のもとに、自ら主催した「東京ろう映画祭」では、“ろう”にまつわるテーマにした中編・長編映画31作品を上映。映画祭の上映プログラムでは、手話弁士の登壇や、フィルム上映、邦画の日本語字幕付き上映などの他、国内外からゲストをお招きしたアフタートークやシンポジウム、写真展、ワークショップなど幅広い企画を実施しています。

コーナー後半では、東京ろう国際映画祭で上映される、牧原さん珠玉の映画3本をご紹介していただきました!

▼ご紹介いただいた映画3本
①「聴説」(2009)
②「TOTA」(2008)
③「楽しき日曜日」(1961)

TBSラジオ『アフター6ジャンクション』は月~金18:00~21:00生放送。
FM90.5MHz、AM954kHz、PCやスマホならradikoでも。
聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。
■番組メールアドレス:utamaru@tbs.co.jp
■番組公式twitter: @after6junction
■Instagram:after6junction
■参考:前身番組「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(タマフル)」HP