お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

スウェーデン出身の庭師・村雨辰剛がすすめる日本庭園

ACTION

6月6日。様々な職人のかたをゲストに迎えている、羽田圭介さんの木曜日!今回はスウェーデン生まれの庭師・村雨辰剛(むらさめ・たつまさ)さん!NHK「みんなで筋肉体操」の出演でも話題の村雨さんですが、今回は庭師としての出演!そのお仕事や、おすすめの日本庭園をご紹介していただきました!

■都内近郊のおすすめ日本庭園

羽田:日本庭園の良さを知るには実際に行ってみるのが一番!ということでこの週末に行けるおすすめの日本庭園をいくつか教えていただけますでしょうか。
村雨:まずは「清澄庭園」をご紹介していきたいと思います。これは三菱の創業者である岩崎弥太郎さんが明治時代に作った庭園ですね。
羽田:行ったことないなぁ。
村雨:ここの素晴らしいところは、結構力を持っている人物なので日本全国から集めた“名石”という珍しい自然石がたっぷり入っている庭なんですよ。
幸坂:へえ~!

村雨:石をたくさん使ってるっていうことで日本庭園って独特じゃないですか。その石の良さが分かりやすい庭園。ここに行くと荒々しい海岸を表現した“磯渡り”っていうところがあって、その石の上を歩くと迫力があって魅力的なんですよ。飛び石を想像していただくとわかるかもしれないです。
羽田:はいはい!
村雨:この庭園自体は回遊式っていって歩いてまわる庭園なんですよ。中心に池があっての周りを歩くという。しかも奥には大きな富士山を表現した築山があって、これも魅力的なんですよ!
羽田:これは行かなきゃな~。

村雨:次の庭園は限られた時期にしか公開されてない庭園です。浅草にある「伝法院庭園」という。ここは珍しくて浅草のど真ん中にあるんですけど遮断された空間で、ものすごく歴史が古いんです。
羽田:浅草の五重塔は見たことあるんだけど、その周りにそんな庭園があったとは…。
村雨:すぐ隣にはもう浅草の商店街があってすごい人が多いんですけど、ここだけは遮断されていて五重塔も見えてすごく良い空間ですよ。
幸坂:へえ~!
村雨:この庭園は昔、小堀遠州という有名な大名に造られた庭園なんですね。これも清澄庭園みたいに回遊式で真ん中に池がある庭園です。僕が思うこの庭園の見どころっていうのは、池の周りに表現されている海岸があってそこが歩けるようになっているんです。だから2つのデザインという意味もあって、これだけ古い庭園なのに機能性のあるデザインっていうのが個人的には面白いと思っていて。
羽田:なるほど!
村雨:この庭園をまわっていくと隠れたところに立派な枯れた木があるんですよ。枯れた木っていうのは水を使わずに表現した滝のことなんです。
羽田:へえ~~!


村雨:これは後ろからまわって行かないと見えなくて、周りをまわった人たちへのご褒美みたいな感じで。
羽田:それってなんの前知識もない人が行っても気づかないですか?
村雨:気づかない人が多いそうです…(笑)
幸坂:やっぱり…!
村雨:でもそれは隠れた良さがあるので僕は逆に好きです。
羽田:なるほど~!

村雨:3つ目は鎌倉の光明寺にある「記主庭園」という古い庭園なんですけど、これも小堀遠州作と言われています。ここは真ん中に大きな蓮池があってこの蓮が7月あたりに咲くとものすごく綺麗なんですよ。
羽田:ああ~…!綺麗なんだろうな~…。
村雨:この庭園は鑑賞式といってひとつの決まった場所から眺めるんです。浄土宗の世界観を表しているんですけど、個人的に良いなと思うのは、すぐ背景に借景として山があって、すごいダイナミックな空間になっているんですね。
羽田:なるほどな~!
幸坂:行ってみたくなりました!

日本人でも知らない魅力的な日本庭園。この週末に庭園巡りでACTIONしてみませんか?全編はradikoのタイムフリーで!

週末に訪れたい!都内近郊のおすすめ日本庭園http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190606162829

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)