お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

DJ松永×さらば青春の光!森田さんはモルック日本代表で…

ACTION

6月5日のゲストは、パーソナリティのDJ松永も大好きだという、お笑いコンビ「さらば青春の光」の森田哲矢さん、東ブクロさん。

松永:森田さんはヒップホップがお好きだとお伺いしました。
森田:本当ににわかなんですが。今日もビースティ・ボーイズのTシャツを着ているんですが。
松永:ねぇ、ビースティ・ボーイズの年季の入ったバンドTシャツみたいなのをね。
森田:ビースティ・ボーイズ、ほとんど知らないんですけど(笑)
松永:あのですね、これね、絶対正規じゃないですね!(笑)
森田:マジっすか!?

松永:これ、何回か洗濯したらプリントが剥がれるタイプです(笑)
森田:僕ね、ビースティ・ボーイズのTシャツ3枚持ってるんですよ。

松永:えっ、何でですか?
森田:やっぱり音楽好きと思われたいから。センスあるじゃないですか?

松永:ビースティは絶妙っすね。RUN DMCよりビースティの方が色んなジャンルをフラットに触れてる感じしますもんね。
東ブクロ:いや、でも学生時代に実際、ヒップホップグループ組んでたもんな。
森田:やめろよ、お前!

松永:あらあら。にわかじゃないですよ。自分の思いの丈を歌詞にしてるじゃないですか!プレイヤーじゃないですか!
森田:なにをそんなにイジることがあるんですか!(笑)
松永:人前で、ビートに乗せて、節を付けて、披露しようとしてたじゃないですか!自分の言葉で表現しようとしてるじゃないですか!(笑)
森田:言葉数が多いなぁ〜、この人は(笑)あの、全然表舞台に立ってないですよ。本当に20歳ぐらいってニートみたいなやつが周りに5〜6人いたんですよ。で、その頃はケツメイシが全盛期で、1DJ8MCという(笑)
東ブクロ:多いよ!(笑)

松永:俺、すごくびっくりしたのが、M-1の準決勝だったと思うんですが、ハロウィンとかを腐す言葉を全然一般的な言葉から変えてこないネタあるじゃないですか。DJを腐すときも、「ただ人のネタ回すだけやん!」みたいな一般的な言葉になるネタが、めちゃくちゃ秀逸すぎてRと「言い当てられた感すごいな!」と言ってて。皆が思ってるけど、まだ言語化出来てない感じがあって。あれ早かったですよね?今だったら分かると思うんですけど、すごいなぁと思ってて。

森田:いやぁ、なんかあれっすね、なんか気持ち悪いっすね(笑)

東ブクロ:褒められるとね。馬鹿にされるのがちょうどいいよね(笑)

松永:俺らもライブのとき、怖いからド頭から「わ〜!」とお客さんの歓声が聞きたいから盛り上げたいなという気持ちがあるんですよ。
東ブクロ:あぁ〜、立ち上がり早くね。

松永:そうなんですよ。で、音楽ライブよりお笑いのライブのネタの方が時間短いじゃないですか?だからより、お客さんの反応が欲しいと思うんですが、フリで1分ぐらい使うじゃないですか?すげぇ勇気だなと思って!
森田:なんかあれっすね、フランクなお笑いナタリーみたいなね(笑)

東ブクロ:インタビューされてるみたいなね(笑)
森田:ありがたいですけどね。
松永:単純に自分と重ね合わせて喰らっちゃうことが多いですね。

松永:森田さんは最近、スポーツをやられているというのをTwitterでお見かけしたんですが。
森田:はい、実は僕、日本代表でして。「モルック」という、棒で棒を倒す競技なんですけど(笑)
松永:モルックって…?

森田:あの、本当に棒で棒を倒す、フィンランド発祥のスポーツなんですけど。
松永:これって正式なやつなんですか?マジであるスポーツなんですか?
森田:マジであるスポーツです!そう、最初にこれボケだと思われてたみたいで。
松永:はい、めちゃくちゃボケだと思ってました。

森田:競技人口はちょっと分からないけど、モルック協会のTwitterのフォロアー数は今、120人(笑)
松永:地元の友達の方が多いですよ!(笑)でも、どうやって日本代表に選出されたんですか?

森田:元々、サンドウィッチマンの富澤さんと番組で喋ってて、「趣味がないから、趣味が欲しい」という話を僕がしたら富澤さんが「この間、ロケでやったモルックって競技がすごく面白かったからやってみたら?」と言われて、自分でモルック協会に連絡を取ったら「◯日に練習会があるから来てください」と言われて、行ったんですよ。そこでモルックというものに初めて触れてから1時間後に日本代表になってたんですよ。

松永:ちょっと待ってくださいよ(笑)

森田:その30分後に『東京カップ』という大会に出させられまして、そこで僕4位になりまして。
幸坂:えぇ〜!

松永:全部で何人出場されてたんですか?
森田:まぁ、8人ぐらいです(笑)
松永:強くも弱くもないじゃないですか!(笑)

森田:4位になって、「世界大会とかあるんですか?」って聞いたら、「今年は8月16日17日にフランスであります」と。「それ僕、日本代表として行っていいですか?」って言ったら「いいですよ」と言われたので。

松永:こっちから「行っていいですか?」とお伺い立てるんですか?(笑)

森田:そうなんですよ!僕も「日本代表になる条件ってなんですか?」って聞いたら、「フランスまでの旅費がある人」って言われて(笑)だから、「旅費なんとかするので、日本代表になっていいですか?」と聞いたら「いいですよ」と。モルックのチラシがあるんですけど、その一番上に書かれているのが「誰でも日本代表になれる!」っていう(笑)

松永:棒で棒を倒す競技ですよね?

森田:番号が書かれた棒を、棒で倒すんですよ(笑)
東ブクロ:それしか言いようがない(笑)
松永:全く噛み砕いてないですね(笑)

この記事を読んでも全然わからない「モルック」とは・・・。radikoで聴くと、もうちょっとわかります!

DJ松永×さらば青春の光http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190605162924

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)