お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「え!そんな地声なの!?」モノマネ芸人の愚痴に、宮藤官九郎もビックリ

ACTION

TBSラジオ「ACTION」。月曜パーソナリティは宮藤官九郎さん!ゲストの愚痴を聞く「宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど…」。10日のゲストはモノマネ芸人の、ほいけんたさんと坂本冬休みさんです。

ほい:宮藤さんに言ってもしゃあないねんけど…。
宮藤:ふふっ。
ほい:さんまさんの憑依芸を続けていると、段々二重人格になってくるんです。そうなると、ほぼ人格を乗っ取られかけてますね。

宮藤:もう今、完全に身体がさんまさんの動きですもんね!
ほい:元々は関西の人間でもないし。
宮藤:そうなんですか!

ほい:テレビでこれをやるようになってから、研究せなあかんやんか。ほいで、テレビもラジオも全部聞いて。スピードラーニングや。
宮藤:寝てる間にも聞いてると(笑)
ほい:それで喋りの間とか、ニュアンスとか全部入ってくる。本人の記憶も全部一緒やろ?そうなると、ほぼ明石家さんまになってるよね。
幸坂:その声も、ほいさんの声なんですか?
宮藤:本来の声はどういう声なんですか?
ほい:(地声で)本当の声はこういう声なんです。テレビではほとんど出してないです。
幸坂:おぉ〜!!
宮藤:そうなんですか!?じゃあ、無理な発声をしているということですか?
ほい:(さんま声で)喉をね、ぎゅ〜っと絞ってね。これをやり出した頃に、すぐに声が枯れるから、病院行ったらね、「やめた方がええ」って言われて(笑)ただ、それとは裏腹に、この仕事が増えてきたんですよ。

坂本:宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど、パーマ屋さんやヨガ教室、日常色んなところに行く時に「モノマネ芸人」だと明かしちゃうと、次行ったときからはネタ振られますね。パーマ屋さんとか行っても、「いらっしゃいませ。松野明美さん、今日はカットどうしますか?」と言われたら、(松野明美声で)「ちょっと今日はでしゅね、短めに切って欲しいんでしゅよね!」とか。
幸坂:うわぁ〜!!
宮藤:ブハハッ!
坂本:色んな人格になりますよ。その都度、その都度。ほいさんと一緒です。まぁ、ほいさんはさんまさんで喋る時間が長いから。
ほい:だから他のモノマネをやるときに、明石家さんまから一回解放させないと。
坂本:他の人になれないですよね。
ほい:だから難しいねん。冬休みは結構、ポンポン変えていけるタイプやから、ラジオ向きかもしれへんね。

幸坂:ネットで素人さんにダメ出しされることもあるんですか?
ほい:モノマネ番組で、郷ひろみさんのモノマネをガチでやったら「あれは歌ってない」と訳のわからんことを。あとは、「このモノマネはもっとこうじゃなきゃいけない」みたいな細かいダメ出しとか。「あなた、誰ですか?」みたいな(笑)

坂本:もうね、書くんですよね。

ほい:あとはその人の熱狂的なファンとか。「この人をやるには100年早い!」とか。
坂本:ビジュアル系は厳しい方多いですね。
ほい:ただそれとは裏腹に、褒めてくれる方も多いの。それは励みになる。

宮藤:モノマネをしているご本人にお会いして、困ったことはないですか?
ほい:困るというか、よりプレッシャーです。責任感が芽生えます。
坂本:あっ、分かります!

ほい:本人のモノマネを公でやるから。俺なんかは再現もやるし。さんまさんのイメージを損なったらアカンから。
幸坂:さんまさん、普段から神対応ですもんね。

坂本:ファンの方は大事です。冬美さんのファンの方がいらしたら歌いますし。ファンの方に認めて頂くというのが大事です。

数々のモノマネレパートリーをご披露いただき、にぎにぎとお送りしました。やっぱり聴かなきゃわからない!radikoのタイムフリーでどうぞ。

ここにコメントを入力してくださいhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190610163050

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)