お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ
  • 放送ログ
  • 音声あり

イモト、木村佳乃さんの〝凄さ〟を語る

イモトアヤコのすっぴんしゃん


「すっぴんしゃん」もう一度聴きたい方は、
下の黒丸をポチッとすれば聴けますよ♪

イモトアヤコのすっぴんしゃん | 2019/06/12/水 21:30-22:00http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190612
213000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

今週は先日放送された「イッテQ シャッフル企画」の裏話でした。
今回は「大島探検隊」。
メンバーは、森三中・大島さん(隊長)、イモト、オカリナ
そして!
年1ゲストの・・・『木村佳乃さん』!!!
「もはや違和感が無い(笑)」
「女優としてのありがたみを忘れるくらい溶け込む感(笑)」
行く前から
「なぜ、私が隊長じゃないんだ!」
というヨシノ隊員(笑)
そして。一緒にロケしたイモト隊員の感想は・・・
「やっぱりヨシノ・キムラはスゴイ! ハンパない!」
「全部もっていった! 悔しい!」
オンエアになっていないところでも
爪痕を残していたというヨシノ隊員。
隙間を見つけてはグッと入ってくるところは
「あれは、もはや職人芸!」
オンエアでもあった、ナマズを素手で獲る「ヌードリング」という企画。
実はロケの日は大雨で、いつもは浅いところにいるはずのナマズが
大雨で水かさが上がっていて、逃げてるかもしれなかった。
(ふだんはやらないが)とりあえず潜ってみようということで
すると、ここ数日では一番大きなナマズが獲れて
それをヨシノ隊員がもっていく・・・
「クソッ! 珍獣ハンターなのに!!」
話しながら思い出し、本気で悔しがるイモトさん(笑)
3年前に一緒にロケしてからプライベートでも仲良しというヨシノ隊員とイモト隊員。
「先輩だけど、どこか友達とロケに行く感じ(笑)」
ロケの移動がキャンピングカーということもあって
「楽しいなぁ(笑)」
女芸人の先輩の大島隊長は優しいし、どんと構えてくれるので
「つい気が緩んじゃって、楽しいなぁ〜、なんて(笑)」
そういう楽しそうな雰囲気は画面から伝わったのでは。
そして今回も〝イタズラ好きヨシノ〟が参上!
イモトさんいわく
「小学5年生の男子のようなイタズラ」
<前回:寝ているイモトさんの口に干しいもを突っ込む>
今回のヨシノの〝小5男子レベルのイタズラ〟は・・・
移動中に着ているイモトさんのパーカのフードに
飲み終わったジュースのパックを入れる。
イタズラに気づいたイモトさんを見て
イヒヒヒと喜ぶヨシノ・キムラ(笑)
そして道中は、舎弟のように扱われるイモトさん。
<アヤコ行くよ!><アヤコ寝るよ!>など
「全部のタイミングを、ヨシノ・キムラが決める(笑)」
キャンピングカーで寝てようと思ったら
「アヤコ、スーパーに行くよ!」
と、起こされスーパーへ。
そこで、イモトさんが見た光景とは・・・
ヨシノ・キムラとコーディネーターのKさんが
スーパーマーケット内で
ミュージカルのように歌い踊り始めた!
それを見せつけられた芸人3人がドン引き(笑)

〜「足のサイズいくつ?」イモト、木村佳乃さんに聞かれた理由とは〜
ロケから帰国してしばらく経った頃。
イモトさんの元に、木村佳乃さんから連絡があって
「ナイキの足のサイズ、いくつ?」
と突然聞かれて、23.5ですと答えた後、音沙汰なく。。。
数週間後。
また木村佳乃さんから連絡があり
「持っていきたい物があるから!」
と、イモト宅まで届けに来てくれた。
パッと箱を開けると『ナイキID』!
佳乃さんが選んだ色の配分を選んだでイニシャルを入れた
世界に1足しかないオリジナルスニーカーをプレゼントしてくれた!
めっちゃカワイイ!
「誕生日でもないタイミングで、作りたい!渡したい!という時に
パッと行動する木村佳乃さんは素敵だし、、見習いたい!」
                    ※スニーカー芸人のRGさんの「キモ撮り」風①

                    ※スニーカー芸人のRGさんの「キモ撮り」風②

〜イモト、バービー宅で見たものとは・・・〜
先週先々週とバービーさんをゲストに迎えた放送を聞いて
「自分で聴いても神回だった!」
と、振り返るイモトさん。
ほんとは2人の趣味であるガーデニングを中心に話していこうとしていたけど
「結果、なぜか、ほぼほぼ下ネタ(笑)」
「イヤホンで聴いて恥ずかしくなるワードばっか!」
「あれでも一応ぼやかしてトークしていたけど、それでもOUT(笑)」
その前の週。
「すっぴんしゃん」きっかけでイモトファンになったという
病床のおばあちゃんに励ましのメッセージを番組から送っていた。
「あのおばあちゃんが、あの放送を聴いたと思うと。。。(笑)」
収録後、2人は車でバービー宅へ。
「凄まじく神がかっていた!」
というバービー部屋の中は、神棚、お札があちらこちらに。
「日本から世界から、いろんな神様がガッチャガチャ!」
バービーさんはもともと仏教に興味があって
本棚には『チャクラの開き方』などの本がぎっしりと。
ネパールのお坊さんが使うという、銅のすり鉢があって
棒でこすると、うぃ〜んとチャクラが開くとか。
※イモトさんのInstagramに動画で見られます
バービー部屋の中にはお習字の紙がたくさん飾ってあって
何が書いてあるのかとパッと見たところ・・・
『愛の自給他足』
ん? 深いようで浅い・・・。意味がわからない。
これは、バービーさんの令和の目標だったらしく
(愛を、自分でも供給しつつ、他人からももらう)
「うん、やっぱりよくわからない(笑)」
「恋愛ってそういうもんだし」
バービーさんが買ったという勝浦のマグロを
4分の1カットしたものをもらったイモトさんでしたが・・・
「基本、料理をあまりしないので・・・冷凍したまま(笑)」
イモト家の冷凍庫を埋め尽くしているそうです。

コーナー「イモトさん、ここ行ったことありますか?」
リスナーの皆さんの海外情報をご紹介。
(世界中を旅するイモトさんでも「そこ行ったことない!」なんてこともあります!)

●「ラジオネーム:カリフォルニア・ドリーム・オヤジさん」のおすすめ海外
「夢のカリフォルニア」
→「西海岸は何度も行ったことある!」(イモト)

▼雑誌「ポパイ」でアメリカ西海岸のカルチャー(サーフィン、スケボー)に被れた
▼大学入学してすぐ、留学する口実でアメリカ西海岸へ
▼アメ車や金髪サラサラのアメリカ人がかっこよかった
▼大学をドロップアウトして、再び西海岸へ
バイトしながら友達の会社の手伝ってたら30歳に

 
ロケでサンフランシスコやLAに。行く機会は多い。
10何回行ってるけど、独特の楽園感がある!
ニューヨークは東京で例えられるけど
LAは日本にはどこにもない!
ベニスビーチで乗れないのにスケボーを買った(笑)
人生お金じゃないぜという自由な人が結構いる。
幸せ度指数はこっち(西海岸)の方が高そうという雰囲気がある。
ニューヨークは狭くて家賃が高いけど
カリフォルニアだったら同じ値段で庭付きの広い家に住める!
住んでみたい街の1つ。家、買っちゃおうか!
(イモト)